つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

ビックリしないけどガッカリ

茶々・鶴舞公園

今日の夕焼け空は
どうしたのかと思うほど,きれいでした。
仕事からの帰り道はいつも
坂道を西に向かって自転車で下っていくんです。
ほおっとなりながら,風に吹かれていました。

9月に入って二男クンの学校が始まり
早起きとお弁当作りが再開して。
食欲が増したようで,弁当箱だけでは足らず
大きなおにぎり数個とサンドイッチも入れてます。
もっと身長欲しいし,がっしりとパワーもつけてもらいたいから
たくさん食べてくれるのはうれしいことなんですけどね。
ぐーっと寝た気分にはなかなかなれません。

9月1日は子どもたちの危険日だって
すごく言われるようになったけれど
夏休み中お弁当から解放されてたお母さんも
つらいですー。

当の本人の二男クンは
文化祭の準備をあれこれやってて
友達に会える毎日が楽しくてたまらないようです。
今日は男子バレーのグラチャン名古屋大会にも出かけて
バレーへの情熱もあいかわらず。
学校が好きすぎて登校時間がどんどん早くなって
お弁当を作るわたしにとってはうれしい悲鳴かな。
この人,中学校の時には
9月の初め,ホントに危険で学校に行けない時期があったから
それを思えばどれほどありがたいことか・・・。

そんなこんなで何んとなーく疲れてる毎日。
今年の人間ドックは心電図が引っかかって「要精検」
去年は胃だったし,スッキリいかないのも
まあ,まあ,まあ。
いつものことだし,ビックリもしなくなりました。

疲れた疲れたと思いながら2週間。
気分が乗らず,PCも9月に入って今日やっと開けたんです。
メールチェックをしたら
申し込んでた桑田サンのライブの当選通知がきてたのに
支払期限が今日の今日で非情にも終わってました。
サザン関連は入場チェックが厳しいから
もう行く術はないかな。
これにはガッカリ。
スポンサーサイト
【 2017/09/13 】 つれづれ | TB(0) | CM(1)

ヒトとモノと。

コーヒー,スイーツ,産直野菜
消しゴムハンコにナチュラルな手作りのお洋服・・・

毎月28日開催の「東別院手づくり朝市」で
わたしが毎回,必ず買ってしまうものです。
作り手さんのお顔を見ながら好きなものを選ぶのって
楽しいんだもーん!

そして,今回の出会いはコチラ。
森のいかけ屋
森のいかけ屋・・・ピンキーリング

若いご夫婦が出されている彫金のお店です。

ピンキーリングは,お守りのようだし小さくてかわいいし
しばらくいろんなお店で,気にかけていたんです。

アンティークのような風合いのシンプルなデザインに
ひとめぼれ。
真鍮にクリスタルだから,迷わず買えてしまうお値段で
即お持ち帰りです。

この作家さんは
野外の市のお店で産まれて間もない赤ちゃんを
ごろんと寝ころばせてお世話しながら
お店をやっていらっしゃって。
山好きで見かけもワイルドな,でも怖そうではなくいい方で。

ヒトとモノと。

イヤリングを作ったお母さんに
夏休みでラッピングを手伝っている小さなお嬢ちゃん。
(ワイヤーとビーズのかわいいの,見つけちゃったんです。)

お寺の門の隅っこ,囲いもない場所で,「大丈夫,大丈夫」と
姉妹でお洋服を毎回出しているお姉さんにのせられて
スカートの下からサリエルパンツを試着させてもらい
「こっちがいい,あっちが似合うよ」と
見立ててもらったり。

出会いがつまった朝市は,楽しすぎてやめられません。
だーいすき!
【 2017/08/29 】 つれづれ | TB(0) | CM(0)

四半世紀ぶりの再会

名古屋では,この週末
「にっぽんど真ん中祭り」(通称どまつり)でにぎわっています。
金曜日の前夜祭には,香取慎吾サンがザキヤマさんたちと
「おじゃMAP!」の収録で飛び入り参加をされたとか。

チームみんなで鳴子を鳴らしながら集団演舞を披露するこのお祭りは
1999年からずっと続いています。
YOSAKOIを名古屋でも,と学生が始めたお祭りなんですよ。

ちょうどそのころ大学生だったわたし。
片道1時間半かけて,田舎に通っていた毎日でした。
もしわたしが,そのときもっと外に目を向けていたら
参加したくなってただろうなと思います。
振りも衣装も自分たちですべてつくり上げて
みんなでひとつになるあの感じ。
見ていてワクワクします。

街を歩いても地下鉄に乗っても
チームの衣装をまとった元気な人たちが
うじゃうじゃの土曜日に
小さな同窓会に出かけてきました。

同窓会
名駅ミッドランド「ROASTER」

急だったので7人の女子会です。
集合するのは,卒業してから四半世紀ぶりぐらい。
結婚式ラッシュを通り過ぎて
それぞれの仕事や暮らしに無我夢中で
同窓会の声は今までなかなか上がらなかったんです。

どんなに期間があいていても
同じ時間を共有した友達とは
すぐに打ち解けあっちゃいますね。
近況報告をしたあとで
バブリーな大学時代の思い出話に花が咲き
気が付けば閉店時間まで
おしゃべりが尽きませんでした。

わたしの学部は女子ばかりだったので
「♪ずっと好きだったんだぜ~」の
和義サンの歌のようなときめきこそありませんが
LINEでグループを作ったら
日曜日もメッセージが次から次から入ります。
7人それぞれが今でもつながっている友達に声を掛けて
来年の8月にまた集まる約束をして。

実を言えば出かけるまでは,あまりに久しぶりなので
緊張したり,ちょっと億劫になったりしてたんです。
けれど,大人のようでいてまだまだ子どもな大学時代のつきあいって
この年になって振り返るとおもしろいものだなあって。

ふらふらしてる長男クンにも,そんな今しかできない時間を
過ごしてほしいんだけどなー。
ど真ん中の今は気付かないことってあるもんなー。
二男クンが急に友達のところに泊まりに行っちゃったので
いろんなことを考えながら,ひとり余韻に浸った夜でした。
【 2017/08/27 】 つれづれ | TB(0) | CM(0)

おまけのお楽しみ

しばらく前に「ブラタモリ」で
名古屋とは因縁が深いタモリさんが
名古屋を初紹介ということで話題になっていました。

名古屋城や熱田神宮あたりを
徳川家康の街づくりとからめての番組でしたが
地形や立地がすごく考えられていることがわかって
へえ!へえ!へえ!
灯台下暗しでした。

わたしがやけどでお世話になっている病院は
その熱田神宮や,東海道「七里のわたし」の近くにあります。

病院の日で時間が許せば立ち寄るのがこのお店。

一朶
一朶(いちだ)

いつも行列なんです。
店舗が小さくて,接客が丁寧なので
列の進みがかなり遅いのが玉に瑕。
予約しておいて,行ってすぐ受け取るという裏技を覚えました。

一朶
一朶・・・わらびもち

京都の天神市と名古屋の東別院手づくり朝市で見つけた
レトロなガラスの器にのせて。
夏らしくて自己満足のお茶の時間です。

病院の日はランチのお店も探します。
今回はこちら。

ちかさんの手料理
ちかさんの手料理

熱田神宮から歩いてすぐの
熱田神宮商店街の一本裏道にあるこのお店。
シャッターが閉まっているところも多い中
テレビでも紹介されるような人気店のようです。

ご主人が「一番最初に食べて」と言われたエビフライはプリプリ。
「かぶりついて」と言われたほたてフライは激レア。
こんな生っぽいフライ食べたことないです。
チキンカツは胸肉なのにめっちゃ柔らかい。
家庭的なお店なのに,びっくりの味でした。

そして奥様のちかさんの人柄がまた親切であったかくて。
リピーターがたくさんいらっしゃるのは
味だけじゃないですね。

どうしても全部食べてみたくて盛り合わせを頼みましたが
今度は味噌カツもいってみたいです。

病院よりもおまけのおいしいお楽しみのほうが
メインになりつつある今日この頃。
【 2017/08/26 】 ミセ | TB(0) | CM(0)

ふうっと深呼吸

今日は年に一度の人間ドックでした。
少し離れた病院までのドライブのおともは,桑田佳祐サンの「MUSICMAN」
今日発売の「がらくた」のひとつ前のソロアルバムです。

もう6年前のアルバムなんですって。
その頃は長男クン高校生で,二男クンは小学生。
子育て真っ盛りで動きまくっていたけれど
思えば今よりずっとエネルギーがありました。
今日の血液検査では,やっぱりヘモグロビンがひっかかって
鉄分補給のお薬を飲むことになっちゃって。
数値にもしっかり出てしまった,不調の夏です。

すぐに疲れてしまうので,家にいることがほとんどですが
昨日はおいしいモーニングと「がらくた」の桑田節に乗せられて
小一時間のドライブをしてきました。
夏のMINIはときどきオーバーヒートしそうになるので
エアコン止めて窓開けて
Radioのボリューム上げて気分よく。

チケット買ってあったのに,なかなか足が向かなかったのですが
今日は行けちゃう流れかな。

豊田市美術館
豊田市美術館・・・奈良美智展

小さな女の子。
その表情に,瞳の奥に,奈良サンが込めたメッセージを
想像しながら見るの,楽しいです。
タイトルもどこにあるのかわからないほどさりげなく
すこし離れて小さくついていて。

展示も,ただ絵を置くだけにとどまらず。
全く堅苦しくなくて
奈良サンの日常がそのまま切り取られているような感じもあって。
個性的。共感もしちゃったりする。

奈良美智さんは青森出身の方ですが
愛知県芸大で大学生活を送られているんです。
近くで同じ時代の空気を吸って生きてきたというだけで親近感。

豊田市美術館

豊田市美術館,大好きな場所なんです。
緑豊かな場所と居心地のいい建物は
展示を楽しむだけでなく
ずっとそこに居たくなります。
窓から豊田スタジアムを眺めたり
お庭まわりをしてみたり
ふうっと深呼吸できる場所。

 豊田市美術館

敷地内に,お茶室もあるんです。
手前にある水琴窟から聞こえる音を静かに聞きながら
青いお庭を眺めて休憩。
曇り空だったし,人もいなくて
こういうとこでぼんやりするのも大好き。

豊田市美術館

花はもちろん団子も忘れませんよ。
立式ですがお着物を着たマダムが
おもてなししてくださるんです。
豊田市民芸館もこんなふうにお抹茶をいただけるし
世界の豊田,さすがだなー。

ゆったりと一日過ごして帰宅したころには
雲行きがあやしい。
かなりあやしい。

雨が降り出さないうちに茶々散歩に出たのですが
遠くで雷の音がしていて,大きな黒雲が迫ってきます。
雲と空の境がはっきりしてて流れが速いから
追いかけられて,だんだんと覆いかぶさってくる感じ。
最後には茶々を抱きかかえて
あわてて家に戻りました。
雨と雷から逃げ切ったー。

ニュースになるほどの「スーパーセル」という
巨大な積乱雲だったと知ったのは,今日のこと。
不気味な空間に閉じ込められた不思議体験でした。
せっかくの深呼吸の日だったのになー。
最後は嵐で息が上がって,おしまい。
ちゃんちゃん。
【 2017/08/23 】 ミル・キク | TB(0) | CM(0)