FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2013年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年04月
ARCHIVE ≫ 2013年04月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2013年04月  | 翌月 ≫

親の心子知らず・・・のくりかえし

総体予選
最後のチームプレイ

G.Wは,高校の部活の試合が目白押しです。
長男クンのバレーボールの試合を見てきました。

何時からとか,試合があることすら
言わない長男クン。
いつも「来ないで」のオーラでいっぱいだけど
3年間の集大成の試合となれば
どうにかして見たいというのが親心。
それはきっといつか分かってくれるはずだと思いながら
2日間,足を運びました。

この臨場感,好きです。
会場の中は,一生懸命な熱気でいっぱいだもの。
相手校でも自校でも
勝敗はさておき,みんな応援したくなります。

初戦が似たタイプのチーム同士の対戦で
一番ハラハラしたけれど
長男クンたちが競り勝ったうしろで
相手のマネージャーの女の子は
息もできなくなるほどの号泣をしていました。

そんなふうに一生懸命になれるときが
自分にもあったはずなのに・・・
大人になって同じ体験をしたくても
できなくなっちゃうのは
どうしてでしょう?

同じ時間が2度と巡ってこないのは同じなのに
何かをどこかにわざと置いてきて
日常の生活を続けていくことに必死になって
忘れたことにしているのかな。

生き方はまだまだ不器用だけど
思いのままに生きている。
子どもたちには,今を大事に過ごしてほしいです。

親の心子知らずは繰り返されて
きっとみんな気付くのは過ぎ去ったあとだろうけど。
残念だけど,そういうものですね。
わたしもそうだったから
直接はなかなか言えないや・・・。
スポンサーサイト