FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2016年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年08月
ARCHIVE ≫ 2016年08月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2016年08月  | 翌月 ≫

夏のおわり

京都・天授庵

しばらく前から,夕方の茶々散歩では秋の虫の声が聞かれます。
今年の夏もおわりが近づいてきました。

やけどは怖かったし,腕も前のようには動きませんが
何ていうか,起こってしまったことはどうしようもないし
落ち込むよりも,それがあったことで
家族をとても近く感じた夏でした。

朝からご飯を用意するのがうれしくて
お昼も職場からわざわざ家に戻って,子どもたちと食卓を囲み
DVDの映画を観まくって
みんなで茶々をかまって遊んで・・・
こんなに毎日一緒に過ごしたことは
我が子たちが幼かった頃以来のような気もします。

今日の夕方,仕事から帰って玄関のドアを開けたとき
まず確かめたのは長男クンのサンダル。
なくなってる。
お昼ご飯のときにはまだ,ごちゃっとしていた荷物も部屋も
すっきり片付けてあって。
もう,ダメです。涙が止まらない。
今日の午後帰るとは聞いてたけれど。

いつもそこにいたのに。
さっきまで話してたのに。

今までずっと子どもを支えてるつもりだったけど
弱ってたし,心細かったし
居てくれるだけでホッとして,わたしのほうが頼ってた。

いつものぽっかり感とはちょっと違う。
子どもたちが大人になって
わたしが小さくなって
意識が逆転した夏だったかもしれないな・・・。
今日のところは,そんな感傷にひたっています。

学校が始まって,二男クンは受験モードに突入?のはずだから
わたしも切り替えないと・・・
なのに,書いてるとまた泣けてくる~~。
スポンサーサイト