FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPタビ ≫ 春の京都2018 その1

春の京都2018 その1

地下鉄最寄り駅の始発に乗って京都まで。
3月末には,毎年出かけています。
去年は桜には早かったのですが,今年はいい感じ。

春の京都2018・京の朝ごはん
旬菜いまり・・・京の朝ごはん

いくつかのお気に入りの朝ごはんの中から
今回は和のおばんざい。
朝の7時半にはもう,「いただきます」
土鍋のごはんは1膳でお腹いっぱいで
ご主人におじゃこと青じそを混ぜたおにぎりにしていただきました。
これもいつものパターン。

春の京都2018・嵐電 春の京都2018・嵐電
京福電鉄「嵐電」

北野白梅町に向かい,そこから路面電車に乗ります。
長男クンが住んでいたところから,すぐ近く。
駅舎が気になっていたのだけれど
乗ったのは初めてです。

春の京都2018・嵐電

鳴滝駅から宇多野駅の間にある「桜のトンネル」
今回の春旅に見たかったもののひとつです。
まだ空いている時間だったので
運転士さんのすぐ横からばっちり。

春の京都2018・嵐山
嵐山

終点は嵐山。
このあたりからお花見をする糸井サンの愛犬「ブイヨン」の写真
ブイちゃん・嵐山
これをちょっと前に「ほぼ日」で見て,ここに心が向きました。
ちょうどワンコの高さまで枝を伸ばしている桜です。
茶々も連れて一緒に来たいです,いつかいつか。

春の京都2018・天龍寺
天龍寺「曹源池庭園」

天龍寺に来たのは,四半世紀以上ぶり。
もとパートナーと,湯豆腐をいただきに来たのでした。
思えば,今の長男クンぐらいの年齢だったなぁ。
そんなときもありました。

夢窓国師の庭園も,満開の枝垂れ桜も素晴らしいのですが
大きなお寺は,わたし好みではなく。
さっと通って北門を抜けます。

春の京都2018・嵯峨野
竹林の道

嵯峨野に来たなぁ,を実感。

春の京都2018・落柿舎
落柿舎

ここだけ切り取ると,日本の原風景。

春の京都2018・亀山公園 春の京都2018・児童公園

小学生の長男クンが乗って遊んだ亀山公園の歌碑と
産まれて3か月ちょいの二男クンを抱っこしてた児童公園。
そのときの思い出を閉じ込めておきたかったのか
ずっと嵐山・嵯峨野からは足が遠のいていました。
思い出をたどる春旅でもあります。

春の京都2018・常寂光寺
常寂光寺

嵯峨野めぐりのなかで,わたしが一番好きなお寺です。

春の京都2018・常寂光寺

紅葉の名所のお寺なので,青もみじの季節もよさそう。
嵐山や野宮神社あたりは人が多かったのですが
桜では名があがらないためか,ひっそりしています。

春の京都2018・常寂光寺 春の京都2018・常寂光寺

茅葺の仁王門をくぐって山を登っていくと
中腹に塔があります。
さらに登れば,展望台。
人の気配がなく,うぐいすや鳥の鳴き声だけがして
心が洗われるってこんなときかなと思います。

春の京都2018・常寂光寺

仁王門わきのヤマザクラの大木は満開。
1本だけでも,じゅうぶん山里の春を感じられます。

ネコちゃんがひょこっと顔を出したりして,のどか。
そうこうしているうちにお寺の鐘が何回か鳴りました。
お昼を知らせる鐘みたいです。

春の京都2018・チロル 春の京都2018・チロル
二条城前・・・喫茶チロル

嵐電と地下鉄を乗り継いで,二条城まで。
朝ごはんをしっかり食べたので,お昼は喫茶。
お店の評判を読んで,わざわざ向かいました。
創業50年近い昭和の純喫茶で
80歳過ぎのおかあさんが切り盛りされているって書いてあったけど
確かに,店内のあちこちに気を配っていらっしゃって現役だわー。

創業当時の味を続けていらっしゃるとかで
フードメニューが充実しています。
ボリュームもなかなか。
わたしはシンプルにカレーをいただきました。
うんまいぞ。
なんでもなくおいしいって,すごいかも。
これは,子どもたちと来たくなります。

カツやら卵やらを乗せずに食べたのは
タマゴサンドにおなかをあけておきたかったから。
ハーフサイズをテイクアウトして
お散歩のおやつにしました。

おやつのもぐもぐタイムは,また次回に。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL