FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPタビ ≫ なばなの里

なばなの里

小さな庭
小さな庭・・・ヒペリカムカリシナム

梅雨の合間の曇り空の週末。
やっぱりお花を見に出かけたい。
わいわいと出発したのに,ちょっとしたアクシデントで落ち込んだ二男。
重い足取りで向かったのは・・・

なばなの里
なばなの里・・・花しょうぶ

三重県の長島リゾートのひとつ「なばなの里」
あじさい・花しょうぶまつりをやっているというので,出かけました。

なばなの里
なばなの里・・・あじさい

見ごろまでにはもう少しという感じでしたが,咲き始めもそれなりです。
二男は池のこいにエサをあげて元気に。
暑くもなく,日差しもなく,お花を楽しみながらお散歩できました。
初めて訪ねましたが,今度は人が少ない平日に行きたいな。

釣り
おまけ・・・ちょっとだけ釣り

お花に付き合わせたお返しに,いつもは父と子ふたりで出かける釣りにお付き合い。
三重県の長島から,岐阜県の海津町へ。
県をまたいでも,川の堤防道路ですぐの距離。
のんびりとした風景のなか,空が広いなあ・・・。
投げるのを見てもらうだけでも二男はうれしそう。
久しぶりの家族の休日でした。

スポンサーサイト



Comment

徒然草
編集
花は盛りに 月は隈なきをのみ見るものかは
・・・という言葉を思い出しました(^^)
それぞれの時期に、感じられることがありますよね。

なばなの里、チューリップまつりに一度行きました。
まさに盛りに行ったので、人も盛り(?!)、道路も盛り。
それでも花畑は圧巻で、また行きたいと思えた場所でした。
・・・できれば平日に。

でも意外に、人のおうちのお庭とか何気ない場所の草花たちに心を動かされるときもありますよね。
chierrysageさんの最近の記事を読みながら、そんな心を大切にしたいなと改めて思いました。
2011年06月13日(Mon) 08:44
Re: 徒然草
編集
雨に対ひて月を恋ひ 垂れこめて 春の行衛も知らぬも なほあはれに情深し
咲きぬべきほどのこずゑ 散りしをれたる庭などこそ みどころおほけれ

・・・ですね。
自分でお花を育てるようになって,盛りのときではなくてもその時々の姿を
楽しむことができるようになった気がします。

「徒然草」のこのあとの男女の情のくだりも,奥が深い・・・。
学生よりも大人が読みたい随筆だとしみじみ思います。
2011年06月13日(Mon) 20:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL