FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPつれづれ ≫ 特別な夏?

特別な夏?

足助・・・空に向かう花
足助・・・空に向かう花

3・11を時系列にそって振り返る特番を見たのです。
静かに音もなく津波が押し寄せ,町を流していく映像の連続。

ミュージックステーションでは,桑田圭祐サンがチャリティソングのオリジナルバージョンを。
今年は「特別な夏」だと歌っていました。


午後の甲子園。「聖光学院VS金沢」

ずっと気になっていた聖光学院を応援しながら見るつもりでした。


地震・津波・原発の事故
練習もままならない状況のなかで
放射能の不安もつきまといつつ,値を測定しながら
それでも野球に打ち込む高校生。
送り出す親。
束ねる監督。

背負っていたものは大きかったんだろうな。
経験した人にしかわからないと思うから,軽々しく言えないのだけれど。
エースピッチャーは,しきりに(負けたのは)「自分の責任」だとコメントしていたけれど
たしかに今は悔しいだろうけれど
この春からずっとの経験は,高校生たちをひとまわりもふたまわりもたくましくして
福島に返すのではないでしょうか。


試合はどちらのチームも一生懸命でした。
高校生たちが,持てる力を出し切ろうと必死になっていました。

試合を見ているうちに
聖光学院が特別・・・という感情がなくなって。

ただ,がんばる高校生を応援したくなってた。
どの子たちも甲子園までの道のりは厳しかったにちがいないのです。


高校野球を見ながら
やれチャリティだとか特別だとか大騒ぎするのではなく
ほんとうに望まれていることに,さりげなく手を差し伸べるような
そんなことはできないものだろうかと考えたのでした。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL