FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPミル・キク ≫ 細雪

細雪

足助

どうせ出歩くことができず,静かな寝室で過ごさざるを得ないなら
本読もう。

いつもの軽いものやミステリーとかではなくて
まとまった時間があるなら純文学いってみようかな。

手に取って3日間読み続けたのは
谷崎潤一郎「細雪」
言わずと知れた,大阪の旧家の4姉妹の物語です。

古くからの名作を読むのは久しぶりです。
漢字多いし一文も長くて,やっぱり本とどっしり向き合える時じゃないと大変。
名が高い家柄の人たちの体裁を重んじる向きがたくさん出てきて
今はもう見られないような奥ゆかしさもあるけれど,この時代の女性は面倒が多そう。

つらつらと読み進めたものの,「え!?ここでラストなの?」という終末に
がっかりした感想を持つのはわたしだけ?
豊かな描写はたくさんあってよかったけれど
このあっけない幕切れがまた何かこの物語らしい味なの?

読み終えてすっきりした感じが持てないのでした。
短絡的現代人なのかなぁ・・・。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL