FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPつれづれ ≫ ふたりそれぞれ

ふたりそれぞれ

小さな庭
小さな庭・・・久しぶりの雨

夏休みに子ども部屋のリフォームをしてからというもの
子ども部屋にたくさん散らばっていたいらないものを処分して
必要なものは,大工さんに作りつけてもらった収納棚にしまったり飾ったり。

二男と一緒に少しずつ片付けていったら
大きな部屋が半分になっても,意外とせまく感じないのでした。
いえ,むしろだだっ広かったときより整とんしやすくなって
使いやすく感じます。

もともと
ふとん類や段ボールなどで
自分の基地を作り,こもってよく遊んでいた二男です。
そのスケールが大きくなり,おにいもいなくて,自分だけの世界。
それがとってもうれしいらしく。

2学期初めの1週間は,学童から帰ったらすぐに
自分の机の前で座るようになりました。
できるできないは置いといて
自分からやろうとしていれば,その姿だけで「がんばってるじゃん。」です。

こうなると,わからなくて困っていたら
こちらが夕食を作ったりして忙しくしていても
「助け舟出してあげようか。」と自然に思えてくる。

タラタラ・ガミガミ・ケンケン・ガクガクのころとは正反対。
仕事あと,学校あとの慌ただしい夕方の時間が,今のところうまく流れて
わたしも穏やかでいられてうれしくなります。
今までにできちゃった眉間に刻まれたシワがなくなるわけじゃないですけど。

今が最初のモチベーション高いときだし
目に届かない場所で,そりゃお勉強ばかりしてるわけでもなくなるだろうし
でもいいや。

おまけにお休みの今日は,年上女子2人をお招きして
自分の部屋で遊んでた。
かいがいしくジュースやオセロなんか運んじゃったりして。
こやつ,人生楽しく生きるタイプだな。

めんどくて
手伝うって言ってるのに
使いやすくレイアウトを変えるわけでもなく
収納棚を使うわけでもなく
つまりは,部屋の中があんまり変わっていない長男クン。
廊下いっぱいに広がっていた荷物も,残るは長男クンのものだけになりました。

ちゃっかりな二男クンを,たまには見習っちゃったりしてもいいかもしれないよ。
ま,見えないだけで高校生活は楽しんでるとは思うけど。
よけいなおせっかいですね。
子どもは子どもの道をゆく。それぞれに。
スポンサーサイト



Comment

編集
子ども部屋のリフォームして、次男さんの楽しんでいる様子がとってもほほえましいです。自分のスペースという意識が高まってきたのでしょうね。
うちの息子の部屋はかなり汚いです。
自分で片付けたりすればいいのですが
物が散乱しています。
うちも高校生ですが、好きにさせてます。
まさに子どもは子どもの道を行くですね。
2012年09月09日(Sun) 12:32
のりぺこりんさま
編集
もう・・・ねぇ・・・。
のりぺこりんさんのお子さんの「かなり」と我が家の長男の「かなり」は
度合い,どれくらいなんでしょう。
くらべっこしたくなっちゃいます。

イラっとなり,代わりにやりたい衝動にかられますが
ひたすら目をつぶって見ないことにしています。

みんなそんなもの?
いつかは変身する?
それもこれも通り過ぎてみないことにはわかりませんね。
2012年09月09日(Sun) 16:56
編集
うちは、長男は、疲れていて何もしたくないときにはすごくあちこちに物を散乱させておくのですが、落ち着いて家にいられる日は、割と、周りがせいとんされていないと、いやなタイプ。
娘は正反対で、将来ごみ屋敷にになるんじゃ……と心配するほどのヘビーな散らかし魔。
chierrysageさんのお宅を想像して、ご家庭それぞれで、おもしろいなあ、なんて一人でうなずいています(^^ゞ
それにしても次男くん! もうすでに女の子と自宅デート!? やるなあ……(^0_0^)
2012年09月10日(Mon) 11:03
茜紫さま
編集
ほんと,人それぞれなんですね。
育った環境がどこでどうなると生活のタイプが決まってくるのでしょうか。
そう考えだすと不思議です。兄弟違うのもどうして?

女の子との接し方も全然違うんだろうなぁ。
自然におしゃべりして,自然におやつ食べて,自然に遊びに興じる。
それができちゃう二男は,わたしから見たらうらやましいぐらいの性格です。
緊張しちゃって自分を出すどころじゃなかったわたし。
あれこれ考えすぎてしまうのも長女気質かしらん?


2012年09月10日(Mon) 21:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL