FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPつれづれ ≫ 自分らしく

自分らしく

ocobo
通りかかった道ばたの花

土曜日。
やっと土曜日。でも・・・。

金曜日にわたしが段取りをする会議をひとつ終えて
朝までソファ(またやってしまった!)の重いからだで
また仕事・・・の続き・・・のような会に出かけてきました。

グループでトークセッションなどしてきましたが
「自分らしく生きるってどういうこと?」
「親として大人としてできることは?」
そんなの・・・
そんな大層なこと,とても語れない。


子育て・家事・仕事との両立・ライフワークバランス


自分を振り返れば
時間を巻き戻してやり直したくなることばかり。

ocobo
覚王山・・・和菓子茶寮「ocobo」

それでも,ひとつだけできてる!と思うことがありました。

それは,
「男性も女性も同じように,区別することされることなく,ともに生きていく」
ということ。

わたしの職場は,男性女性なんていう枠ではなくて,適材適所。
体も頭もみんなで働かせてます。

会議の後で「言いたいこと言っちゃっていいのかなぁ」とつぶやいていた同僚の女の子がいたけれど
いいと思います!
年齢や性別なんて置いといて,思ったことを自由に出し合える職場は素敵です。
もちろん,押したり引いたりしながら,うまく伝えることは考えないと行けないけれど。
口から出てしまった言葉は戻せない。わたしみたいにあとから「しまった!」とならないように。

ocobo

「男性も女性もおなじように」は家庭でも。

夫婦ふたりとも仕事をしているので,家のことも子どものことも
一緒にだったり。分担してだったり。

わたしができないことありすぎ?頼りすぎ?

いえいえ,家事だって「ふたりで」が当たり前の世の中になっていくといいな。
だから,「育メン」もあり!です。
パートナーの姿を見て育っている我が家の2人の男子も,そんなふうに思ってくれるといいのだけれど。

世代が上の方たちには,おしかりを受けちゃうかもしれないです。
寂しいことに,我が家にはおじいちゃんもおばあちゃんも,もういなくて。
気ままに「我が道を行く」「信じる道を行く」

会の後「ocobo」サンまで散歩しながら
おいしいお茶で一息ついて
つらつらと「自分らしく」を考えたのでした。

スポンサーサイト



Comment

編集
ともかくも、ほんとうにお疲れ様でした。
疲れたでしょう。
自分らしく生きる。
これは生きているあいだ、決して終わらない命題みたいなものですね。
それを話し合える職場、とってもうらやましい。

うちのだんなさまは、ざっくばらんな言動からは信じられない! という声が出そうなほど、「男とは」の人です。
別に、何もしてくれないわけではなく。ただ、根幹の部分で、男はやらない、という考えがしみついていて。
私が働いていたときから、まったく平等じゃなかったです。でも、「手伝う」気持ちはある人なので、なんとかなってました。

ご夫妻の背中を見て育ったお子さんたち。
どうぞ、働く女性の応援団になってね^^
2012年10月08日(Mon) 00:43
茜紫さま
編集
> 自分らしく生きる。
> これは生きているあいだ、決して終わらない命題みたいなものですね。
何をしたいのか。
どうしたいのか。
迷って悩んで日々は過ぎていきますね。
自分にできることとできそうもないことは何となくわかってきているけれど。
これからだって新しい何かが待っているかも知れないし。
「決して終わらない命題」
そうですね。
考え続けることが大切なのかもしれないですね。

> ご夫妻の背中を見て育ったお子さんたち。
> どうぞ、働く女性の応援団になってね^^
どこへだしてもだいじょうぶなように修業させとかなくちゃ。
母が手一杯だとまわりは否応なく家事参加。
父と子で料理も楽しそうにやってます。
楽しそうだと思っているのはわたしだけかも・・・ですけど。
2012年10月08日(Mon) 08:40
編集
よい職場にお勤めですね。男女関係なく適材適所。
それが当たり前の世の中になってほしいですね。
昔にくらべたらかなり進んできたと思うけれど
まだまだの部分もありますね。
私も職場では言いたいこといえていますが・・。
家事も二人で協力してやっていきたいですね。
うちにも息子が二人いますが、協力できる男性になってほしいし、娘の旦那さんには協力してほしいです。
我が家も長い結婚生活の中で、いろいろ話したり、葛藤を繰り返しながら二人のスタイルが出来てきました。
肩の力を抜いて自分らしく楽に暮らしていきたいです。
2012年10月08日(Mon) 10:19
のりぺこりんさま
編集
> よい職場にお勤めですね。男女関係なく適材適所。
> それが当たり前の世の中になってほしいですね。
ほんとにそう思います。
別にこだわった思想をもっているわけではないですが
無理なく気持ちよくやれたらいいなと思います。

> 私も職場では言いたいこといえていますが・・。
そうなんですね。
昔はやっぱり言えなかったんです,わたし。
好きなこと発言できる女性がうらやましく思っていたのに
いつのまにか言えるようになってしまいました。

> 我が家も長い結婚生活の中で、いろいろ話したり、葛藤を繰り返しながら二人のスタイルが出来てきました。
> 肩の力を抜いて自分らしく楽に暮らしていきたいです。
肩の力を抜いて・・・。
ほんとにそうですね。
押しつけ合いではなくて,自然に。
2012年10月08日(Mon) 13:32












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL