FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPミセ ≫ 古民家カフェ「簾屋」

古民家カフェ「簾屋」

簾屋
愛知県豊田市野見山町・・・簾屋

昨日の小ドライブのつづき。
古民家カフェです。

食べログには,「森の中のカフェ」と紹介されていました。
豊田なんてよく知らないし,
たま~にしか行かない場所なら,素敵なところを・・・と思って
当日の朝,豊田市美術館の場所を探したついでに急遽下調べ。

豊田スタジアムを越したら,どこがどこだかわからない。
それほどのどかな道。
このお店の前なんて,偶然には通りかかることなかっただろうな。

実は,ナビのないわたしにはたどり着けなくて
ほぼ近くまでは行ったのですが,お店に電話を入れて場所をお尋ねしました。
「現在地の目印を」なんて言われても,何もなくて困ったくらい。

でも着いた~。
正面の大木がすごく印象的です。

簾屋

白い漆喰の壁にこげ茶の梁。
この組み合わせも好きです。
和の古道具もたくさん飾られていました。

簾屋 簾屋

窓辺には大きな松ぼっくり。
窓の外には,ここにも楓の木。


簾屋 簾屋

テーブルには一輪挿し。
目をなごませてくれるモノには事欠きません。

珈琲(あえて漢字で)だけが,ちょっと。。。
ケーキも食事もいただいていないので,次があったら紅茶を。
四季折々の姿を見てみたいなと思うお店でした。
少しだけ旅行した気分にもなれることだし,また行こ~っと。
スポンサーサイト



Comment

編集
冒険をしても道に迷っても!!
たしかに、こんな場所なら、絶対に行きたいです^^
ほんとに、すてきな場所に対する嗅覚が鋭い!!
時々思います。
こんなふうに、ちょっと人里離れたところで、
大好きなものだけに囲まれて、生活するって。
憧れるなあ……

でも、きっと、自分には無理なんだと思う。
だからよけい、憧れるんでしょうね。

いつもすてきな紹介をしてくださって、ありがとう!
2012年11月06日(Tue) 12:40
茜紫さま
編集
> 時々思います。
> こんなふうに、ちょっと人里離れたところで、
> 大好きなものだけに囲まれて、生活するって。
> 憧れるなあ……

確かに。
いいなあ・・・とまでは思うのです。
お米なんかも作っていらっしゃるようで,この10月に収穫した新米を
店内で販売もしていました。
のどかな生活の中にも,きっとわたしたちにはわからないご苦労もあるんでしょうね。

わたしも,ときどきゆったり流れる空気にふれさせていただくだけで大満足になっちゃって。
いつまでたっても「いいなあ。」と憧れるままです。


2012年11月06日(Tue) 18:09












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL