FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPつれづれ ≫ 手を伸ばせば

手を伸ばせば

先週,大学のこぢんまりした同窓会があったのです。
上は60歳近い大先輩から,下は卒業したばかりの元気女子まで
幅広い年齢層の女子会です。

フレンチをいただきながら
幹事さんが話のネタにお題として出したのが
「自分磨き」

読書
映画
美術館
習い事
エステ

思い切って,今まで買ったこともなかったような
高額の靴を買ってお出かけする
なんていうものも。

わたしは「ときめき」
好きなアーティストのライブに酔いしれて
子どもと一緒のセッションを夢に見る。
「やりたいこと」があるときは
ほかのことも楽しくなってくるから不思議です。

先週末に聴いた講演で,講師の方がおっしゃっていました。
夢は,思ったときに80%は叶ったも同然。
誰かに話せば90%。

なあんだ。
わたしもあと残り10%。
手を伸ばせば届きそう。
スポンサーサイト



Comment

編集
すごい、その講師の方、なるほどなるほど(メモメモ)
夢は思ったときに……そういわれると確かにそうなのかも。
まずは、夢があることが、大切なのよね。
うちの息子には、いま、夢がなくて、なかなかやりたいことが
見つからない。
これで何か夢があったら、きっとこれからの進路選択とか、
そこに向かっていくんだろうになあ、って思っちゃう。
最近、違うところで、おとなになってから夢をもってますか?
ってことで、話題になったばかり。
夢、大事ですよね(^_-)-☆
2013年01月24日(Thu) 00:59
編集
そっかあ・・・「コンサドーレのJ1昇格祈願!」も80%は叶ってるのね。誰かに話して、あと10%上げよう。残りの10%は選手に頑張ってもらって・・・・。去年、結局観戦できなかったvs名古屋グランパスの試合にいきたいのだあ~~~!!
2013年01月24日(Thu) 17:33
茜紫さま
編集
我が家の長男クンの夢も,見えているんだかいないんだか・・・。
あったとしても,秘めるタイプだからな~~。

わたしも周りを気にせず我が道を行く「マイペース型」なので
やりたいと思ったらあまり親に相談もしなかった気もするし。
自分がこうだ!と感じた方へ人生の選択をしてきたと思うし。

きっとやきもきしていただろうに,口出ししなかった母は
我が子(わたし)のことをよくわかってくれていたというか
言っても仕方ないと思われていたのか・・・。
今となっては母の本音はわからないけれど
私自身の選択に任せてくれたことに感謝しています。

自分もそんな母親でありたいと思うんだけれど
少し離れて見守るって簡単なことじゃないな~,つくづく・・・しみじみ・・・。


夢,ささやかなことでもいいから,いくつになっても持っていたいよね。
夢と欲望がごっちゃになってしまったりもするけれど。
あれ食べたいとか,ずっと寝ていたいとか
そんなんだったらいくらでも言えそう。。。
2013年01月25日(Fri) 23:43
まりんさま
編集
我が家は名古屋グランパスのホームグランドから近いのです。
歓声がときどき聞こえてきます。
すぐ行ける,いつでも行けるという環境は,意外に足を遠のかせてしまうんです。
あと,こちらは伝統とか慣例とかを重んじる土地柄からか
新参者の「グランパス」より「ドラゴンズ」のほうに熱くなる人のほうが多いかな。

まりんさんは,あのサッカーのサポーターの方たちのように応援していらっしゃるのですか?
のめり込むほど好きって,いいですよね!
わたし,サッカーに詳しくないのでコンサドーレのことあまりよく知らないのですが
もうちょっとでJ1届きそう?
叶うといいですね~~。
2013年01月25日(Fri) 23:56
編集
夢・夢・・・なんだろう?
浮かんできません^^;
痩せる・・・とかは夢ではないし、映画観に行きたい・・・も夢ではないし
スイーツ思いっきり食べたい・・・も違うし。

ちゃんと考えて誰かに話し、あと10%を頑張りたい!って気持ちになりました☆
2013年01月26日(Sat) 10:04
すいかたべさま
編集
こんなふうになりたいな。
こんなことできたらいいな。

何でもいいから前を向いてる気持ちを持つことができていれば
いいのかも。

痩せる・・・今それ切実なのです。お正月からなかなか戻らなくて。
今戻さなきゃ,坂道を転がって勢いがついてしまいそう。
これもあちこちに話して,おやつに伸びる手をすこしでも止めようと頑張ってます!
2013年01月26日(Sat) 22:06












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL