FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPタビ ≫ またまた春旅 ~ことひら~

またまた春旅 ~ことひら~

ことひら ことひら

四国2日目は,金乃比羅宮へ。
一生に一度はこんぴら詣でって言いますもんね。
パートナーは行ったことあるし,二男クンはこれから機会がありそうだし
わたしはこんぴら,男子ふたりは釣りで,3時間限定の分散です。

ことひら ことひら

ここが御本宮まで785段のスタート地点。
表参道の一の坂はかなりな坂です。
お年寄りもチビちゃんもみんな,杖をついてがんばってます。

ことひら

ことひら ことひら

桜が満開近い感じ。
いつもと違ったスペシャルなお花見となりました。

ことひら

大門。365段。

ことひら

境内で唯一販売が許されている飴やさんを通って
鳥居をくぐれば・・・

ことひら

淡い桜の並木道。

ことひら

御神馬舎には「月琴号」 優しいお顔です。

ことひら

鳥居をくぐる前に,狛犬を見比べるのも楽しいです。
そして,石段を上がっていくと・・・

ことひら

書院です。このあたりで500段。
行ってみて感激! 
ここに円山応挙の障壁画があったんです。

無知なわたし。無知故のサプライズ。
あるがままの姿がみたいという願いが,もう叶いました。
これも巡り会い。神様が引き合わせてくださったのだと思います。

ことひら ことひら

表書院の庭を望む応挙の五つの間を
たったひとり,貸し切り状態で鑑賞することができました。
それぞれに趣が異なる絵柄はどれも,心に穏やかに響いてくる感じがします。

蹴鞠ができる前庭,池の鯉,水の音,そして桜。
回廊の縁側に座って,この空気感もひとりじめ。
ほんとうに贅沢なひとときを味わいました。

次はいつ訪れるか分からない,ひょっとしたら一期一会かもしれない。
そう思うと,この場を去ることが名残惜しくて。
数あるわたしの大好きな場所となりました。

ことひら ことひら

少し進めば,資生堂パーラーが営業している「神椿カフェ」
店内のざわついた人の話し声よりも,鳥の声を聞きながら休憩の方が素敵。
外にいるのはたったひとりだったけど。

ことひら

629段。旭社。

ことひら

腎木門。あともう少し。

ことひら   ことひら

最後の石段。下から上から。

ことひら

785段。御本殿。
「一生に一度はこんぴらさん」ってホントです。
この年齢になったからかもしれないし,季節にも恵まれたけれど
道中ずっと見所いっぱい。

ことひら

1368段まで進めば,奥社というところがあるそうなのですが
御本殿にお参りできたら,もう充分満喫です。
分散は12時までだし。釣り男子ふたりもバスゲットできたみたいだし。

釣りも石段も,元気な今じゃないと。
「またいつか」じゃなくて「今!」
帰途は渋滞で8時間ぐらいかかってたけど,おかげさまでぐっすり帰りました。。。

香川

おまけです。

釣りのガイドをしてくださった方が
「うどんもいいけど,よかったらこれも食べてって」
と勧めてくださったお店は
丸亀というところに本店がある「一鶴(いっかく)」

香川

「骨付き鳥」は,鶏肉がオーブンでスパイシーに焼いてあって
飲めないんだけど,ビールに合いそう。
ご飯もスープも全部鳥づくし。

これでお腹いっぱいになって,眠くなっちゃったんだよね。

スポンサーサイト



Comment

No title
編集
凄いです!!!
こんぴらさんって体力いるんですね。
あ、脚力かな(笑)
私も足が衰えないうちに行かなくちゃ^^
見所満載ですね♪
鳥も美味しそう〜☆
2013年04月05日(Fri) 21:36
すいかたべさま
編集
こんぴらさんは往復90分程度と案内されていました。
わたしは倍の時間をかけてのんびり過ごしたので
思っていたほど疲れも残らなかったです。
途中の書院で1時間ぐらいうっとりしてたし。
心が満たされていると,疲れも感じないものですね。

長男クンは修学旅行で行ったのに
うどんを作ったぐらいで,登らなかったそうなんです。
高校生にとっては,そういうものかもしれません。

心に響くタイミングとぴったり合うかどうか・・・ということなのでしょうね。
2013年04月06日(Sat) 14:01












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL