FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPタビ ≫ あじさいの里2013 その1

あじさいの里2013 その1

あじさいの里
愛知県蒲郡市・・・形原温泉「あじさいの里」

6月最後の日曜日。
仕事もSaleもおいといて
パートナーと二男クンと3人で出かけてきました。
あ,テスト中のおにいもおいといて。
まあ,それは仕方ないよね。

あじさいの里 あじさいの里

毎年のように出かける我が家の定番の場所ですが
いつもならもう1週ほど早いのです。

今年はギリギリあじさい祭りの最終日。
翌日からは入園料も駐車料金も要らなくなるので
朝の9時にはひと気もそれほどなくて。

花の盛りは過ぎた頃だけど
これもありだなぁ。

あじさいの里

高台に登ってきたら,この鐘を鳴らします。
ヨットのチャレンジカップにあやかって
「チャレンジの鐘」
家族4人分,願い事をして。

この鐘の音が,あじさいの里一帯にに響きます。
観光客が多いときは,ずっと鳴っています。
このとき近くには,ほぼわたしたちだけ。
いい感じに響きます。

あじさいの里 あじさいの里

岩場を登り切って,達成感たっぷりに見えるでしょ。
実は上から降りてきた後に
二男クンがロッククライミングにチャレンジして
ふえ~~っとなったのでした。
写真の順番がホントは逆なのです。

あじさいの里

高台の後には池の周りを一周します。
お決まりのコース。

二男クンは偏光グラスをかけて
魚を探します。
釣りは禁止の池だけど,バスいるいる。

ちっちゃな子がおじいちゃんにパンくずをもらって
「ガアガアちゃーん,ごはんだよ~~。」
カモもコイもカメも,みんな大集合。
なぁんか,かわいい♪

あじさいの里 あじさいの里

楽しい1日の思い出に
あじさい,やっぱりほしい。
好きな花だもん。

お店も最終日だから,かなり縮小していて
だから,見てまわっても
なかなか「これ!」という苗がなかったんだけど。

最後の最後に出会いました。
落ち着いた色合いの,やっぱり山アジサイ。
華やかな西洋アジサイより
自然の中で自生する山アジサイのほうが好きなんです。

「美方八重」に,もうひとつは何ていう種類だろ。
我が家の小さな庭にある
白い八重咲きの「富士の滝」と一緒に大切にしなくちゃ。
山アジサイって名前も楽しめます。
ひとつひとつ味があって。

さて,アジサイ巡りを終えて,まだ11時。
楽しかった1日はまだまだ続きます。
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
これだけ充実して、まだ11時ですか!
いいねえ~~♪
こんなふうに公園にあじさいばかりって、理想です♪♪
こちらでは、やっぱりお寺にたくさん咲いていて、
せまいところくねくねと混みこみでいかないといけなくて。
紫陽花はいいですよね。
いつから好きになったの? というと、おとなから。
子どものころは、紫陽花の良さなんてわからなかったなあ。

そう、テスト中の息子は置いておく。正しい^^
ってか、勉強してもらわないと~~(うちも(^^ゞ)。
お庭があると、地植えができてうらやましい。
毎年欠かさず紫陽花を鉢で買ってきたのですが、
花が終わると、そのあと、越冬できなくて(*_*)
こういうときは、お庭がほしいなあ、って思います。
2013年07月02日(Tue) 07:51
茜紫さま
編集
梅雨の季節に雨とあじさい。
なんてお似合いの組み合わせ。
雨と結びつくのは日本あたりだけなのかな?

実家にも植えてあったけど、ちゃんと味わうようになったのは
わたしも大人になってから。
毎年どうしても見に行きたくなる風景のひとつです。

買って帰ったあじさいは
あまりの晴天にちょっと元気がなくなった日もあったけれど
日陰に置きかえて、雨粒をうけて
わたしの「好き」にぴったりのいい感じ。
「いいなあ、これ」と毎日目にするたびに
うれしくなってます。
2013年07月05日(Fri) 04:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL