FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPモノ・コト ≫ おとうの机

おとうの机

おとうの机
新しいワークスペース

パートナーが育った実家に置いてあったモノを
あれやこれや整理することになって。

おっ,この机は引き取ろうよ!
いいじゃんいいじゃん。

実家の2階から狭い階段を降ろし
我が家の2階までらせんになっている階段を上げて
何とかおさまりました。

ピッタリの椅子がないから,とりあえずピアノの椅子で。
まあいいよ。書けるから。

子ども部屋に机はあるんだけど
食卓で宿題をやっていた
二男クンのお勉強スペースのできあがり。

おとうの机

パートナーが学生の頃使っていたモノです。
家具調で,しっかりした木が使ってあります。
色も落ち着いてるし,この脚のデザインもいい感じ。

おとうの机

ここは,我が家の2階リビングの南東角の特等席。
パートナーが学校の木工で作ったという
本立てや小物入れもちょうどいい。

学習机って,思い入れが深いんです。

我が子ふたりの机は,オークの天然木の
ナチュラルな机。
ずっと大事に使ってほしいと思って選びました。

わたしが実家で使っていたのも
やっぱりシンプルなデザインの机。
子ども心に「ピンポンパンデスク」のような
キャラ付きがほしくって。
でも,10代になってからは
親が選んでくれたこの机でよかったなって思ったものです。

自分がお給料をもらうようになって
部屋の模様替えをしたとき
妹の分と2つ,机を処分しようということになって。

母が「捨てないで」とさみしそうに言ったのに
強引に運び出したことが,どれほどのことだったのか
今になってわかります。
その日の夜,「やっぱりやめとく?」と
粗大ゴミ置き場へ取りに行ったら
もう誰かが,たぶん使おうと持ち去っていました。
他の粗大ゴミは残っているのに,机だけ。

だから,おじいちゃんやおばあちゃんが
パートナーのために用意した机は捨てられない。

二男クンが喜々として使っているのを見ながら
ご飯の用意をするのも
ほわっとするいい時間です。
うちに仲間入りしてくれてよかった。
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
いいお話です~~~~~~(T_T)
机を選ぶ、ってたしかに、昔を思い返してみれば、
特別なことだったかもしれない。
時間をかけて、おとなになっても使えるように。
母の思いは、なかなか子どもには伝わらないよね~~~(しくしく)
そんな過酷な(笑)運命を切り抜けて、残っていた机。
とってもいい机ね!! びっくり!!!
これからも、ひっそりと、時を重ねて、いろいろなものが
しみこんでいくんでしょうね^^
2013年07月20日(Sat) 16:22
Re: No title
編集
> これからも、ひっそりと、時を重ねて、いろいろなものが
> しみこんでいくんでしょうね^^

パートナーが使ってきたモノを
今度は子どもたちが使う。
こうやって引き次がれていくモノって
我が家の場合はそんなにたくさんはないのです。
だからこそ
愛おしく眺めてしまいます。
2013年07月21日(Sun) 21:23












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL