FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPつれづれ ≫ 最後の1回

最後の1回

書き残したいことはいくつもあったのに
ずっとPCの調子が悪くて悪戦苦闘してました。
コメントにお返事もなかなかできず
ブログへお訪ねすることもできず・・・ヤキモキしていました。

この間のいちばんのイベントは「夏祭り」
地域の公園で毎年この時期行われます。

保育園に始まり次は学童という流れで
出し物や夜店と関わるようになって
かれこれ17年?
おにいが1歳で無認可の共同保育所に保育をお願いしたときから
もうこんなに経つんだなぁと実感します。

というのも,今年二男クンが6年生で
学童の保護者として関わるのも最後の年だから。
汗だらだらでお店番をしたり
仕入れをしたり
ポップを作ったり
いろんなことをしてきたけれど
今年,エアコンなしの小さな部屋を開け放して
どて煮のお鍋をぐるぐるかき混ぜたお仕事でシメ。

利益優先ではないから
文化祭みたいで楽しかった。
おまけのお楽しみもあって,「夏祭り」は
17年のうちに子どもつながりで出会ったお父さんお母さんたちと
懐かしい再会をするときでもあります。
みんなそれぞれいろんな学童に散らばっているけど
保育園時代を一緒に過ごした子どもたちの姿を探して
3月の卒業式の夜に集まろうねと,気の早い話なんかして。

トーチ2013
夏祭り・・・トーチ

そして,夏祭りではずせないのが「トーチ」

我が子と仲間達ががんばっていることを肌で感じながら
数ヶ月間を過ごして
その成果を見事に披露する場に親として立ち会って
しみじみ感無量になります。

それは「自分がやる」とは違い
「自分が作り上げる」とも違い
渦中の爆発的な緊張感や達成感を
外から見守りながら
成長をじわじわと感じる
親ならではの喜び。

ずっと熱い指導をしてくれた指導員さんにも
この日に向かって頑張り続けた子どもたちにも
みんなに「ありがとう」

最後のトーチが終わりました。
それはうれしくて,さみしくて。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL