FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPミル・キク ≫ 手のぬくもり

手のぬくもり

河井寛次郎展
瀬戸市美術館・・・河井寛次郎の陶芸
              ~科学者の眼と詩人の心~


晴れ渡って,ドライブ日和の週末でした。
フリマのお買い物でうきうきしたあとは
瀬戸まで行ってみようと思い・・・。

あいかわらず地図なしナビなし。
方角と道路の標示だのみの行き当たりばったり。
略図はもちろん見てから出発したけれど
あまりに何もなくのどかな景色に
ホントにこっちでいいのかしらん?という道のりでした。

ドライブのおともは
リリースされたばかりのCD「斉藤」と「和義」
聴きながら走っているだけで素敵時間だったから
たどり着かなくてもまあいいか・・・

そう思っている時に限って
無事に回り道もしないで行けるものです。

目的地は「瀬戸市美術館」
うーん,これといって感動ポイントがない
よくある公共施設っぽいハコ。

でも,そこは焼き物・瀬戸物の街。
開催されていた「河井寛次郎の陶芸」展がお目当てでした。

京都の五条にある「河井寛次郎記念館」は
大好きな場所なんです。
登り窯もある寛次郎さんのご自宅を公開していて
作品が生活の中にそのまま置いてある
「展示」じゃなくて「ただ置いてある」
その雰囲気がよくて,ずっと居たくなります。

東京の「日本民芸館」も好き。
暮らしの道具って,飾らないところが
何とも言えず何だかいいのです。
ぽってりと手のぬくもりがある感じ。

愛知県の豊田市にも
民芸の流れをくんだ場所があるので
秋のドライブ第二弾の行き先も決まり!
秋と民芸ってとっても合っている気がします。

もちつき庵
名古屋市天白区・・・もちつき庵

偶然だけど,この日お昼に立ち寄ったお店も
京都っぽい落ち着いた趣でした。
その日につきたてのお餅を出してくれる
お食事&甘味のお店。

今まで何年もお店の前の道を通っていたけれど
入ってみたら意外に雰囲気よくて,あたり!と思いました。

もちつき庵

大根おろしにごま,お雑煮にきなこもち。
おいしいから食べられちゃうんだけど
よく見るとすごいボリュームです。

おなかいっぱいになって
美術館で寛次郎さんの映像を見ながら
うとうと気持ちよくいねむり・・・。

そんなのんびりしたsaturday afternoonでした。
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
美味しそうです〜♪
もう、お正月が来たみたい(笑)
つきたてのお餅、美味しいですよね。

そう言えば、ずっと食べてないなぁ^^
2013年11月04日(Mon) 14:08
No title
編集
どれどれ……と、のぞきこむおもちの膳。
ほんとだ♪
でも私も食べられそう^m^ おいしそうだもの!!
車が運転できると、行動範囲が格段にひろがって、いいなあ。
好きな音楽お供に、気ままにドライブして、行ってみて
あたり! はずれ?
そういうのも、あこがれます。
私、ペーパーなの(^^ゞ でも、絶対運転向きじゃないと思う(^_^;)
2013年11月04日(Mon) 19:33
すいかたべさま
編集
ですです♪
つきたて,いいです。
お餅メインのお店は初めてで
もち米の種類とか,つき方とか,いろいろあるかも知れないのですが
残念ながらわたしには違いはわからない・・・。
つきたてでひとくくり。
ぺろりでした。
そのあとかなりお腹にずっしりきて,夕方まで体が重かったです。
お正月・・・お雑煮・・・
気がつけばもうすぐなんですねぇ。。。

2013年11月05日(Tue) 23:58
茜紫さま
編集
> 車が運転できると、行動範囲が格段にひろがって、いいなあ。
> 好きな音楽お供に、気ままにドライブして、行ってみて
> あたり! はずれ?
> そういうのも、あこがれます。
ほんと,気の向くままなので
これぐらいならという安全圏でふらふらしています。
地図1冊積めばすむのになぜか手が出ないまま。
わからなくてドキドキするのを楽しんでみたいに。

余談ですがカーオーディオの時計も
あれれ,進んでる・・・と思いながら長年走ってて
1時間ほどずれてもそのままで。
知らない人が乗ると「もうそんな時間!?」とびっくりしてたんです。

何だろう。MINIがらみのことは
なすがままという気分なのでした。
点検にだしたとき,時計を合わせてくださって
分からなかった合わせ方も知らせてくださって
うれしいのと,あ~知っちゃったというのと
まぜまぜの気持ちになってしまって。

人はそれをめんどくさがりと言うのだろうけど
いや違うでしょと勝手に思っているのでした。
2013年11月06日(Wed) 00:20












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL