FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPつれづれ ≫ 珍客のおかげさま

珍客のおかげさま

蟹江
のどかな道・・・釣りの途中で

どんより沈んでいます。

この休日,おにいとも二男クンとも気持ちがすれ違って
そして子どもは容赦なく言葉の矢を放つから
ものすごく深く突き刺さってました。

そんなの子どもにとっては一時的なもので
売り言葉に買い言葉のようなやりとりだったけど
今のわたしにはちょっとキビシくて。

明け方から目がさえて,思い出しては悲しくて
眠れませんでした。
大切に思っているのにうまく伝わらないときってありますね。
そんな思いを,自分も親にたくさんさせてきたんだろうな。
コメントのやりとりをしながらずっと,そんなこと考えています。


気持ちを何とかもたせて1日の仕事をやっと終えて
だれもいない真っ暗な家に帰ってみたら

えっ!

いたんです。びっくり。

ねこは四六時中勝手に庭に居着いているのです。
でも,今夜は珍客。

たぬき!!

おもわず1人と1匹で顔を見合わせてしまいました。
お互いどうしていいのかわからなかったのかも。

ここは名古屋です。
そんなに周辺というわけでもないです。
でも小高いちょっとした山のような地形が
住宅地に開かれていった場所。

このところ,消費税増税の影響か
あちこちで建設工事をしてますよね。
それで居場所がなくなって逃げ出してきたのかな。

家族が帰ってきたら,もやもやを見えないように隠して
たぬきのことを報告しよう。
そしてわいわい食べるお鍋を作って,みんなでつつこう。
そうしているうちに,けんかしたことなんか忘れちゃうといいな。
子どもたちはね。わたしは。。。うーん。。。

追記
夜にランニングしているパートナーは
たぬきさんにもう会っていました。
しかもつがいでいるんだって。
「うちが住みやすいってことでしょ」と二男クン。
そうかなぁ・・・
そして,けんかなんてなかったかのような
いつもの時間が過ぎていきます。
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
私もけんかしたな、大きいの。えっと……夏くらい。
三日間くらい、口きかなかった、というか、
息子が絶対に折れてこなくて、口きいてくれなかった。
私が寝ているあいだに、家を出て行って、帰ってきたら、
そのまま直で部屋に帰っちゃって。顏を合わせないの。
ごはんも勝手に食べて帰ってきて、食べないでいく。
けんかって、こんなに簡単に今まで築いてきた関係を
こわすんだって、思った。こわいよね。

でも、私も親にやった。
こんな年にならないとわからなかったなんて、バカだなあ、って
思ったけど、でも、いいよ。
子どもがいたから、わかったことはたくさんあるもの。
男の子だから、同じ想いをするとは限らないけれど、
それを私たちに教えてくれる子どもたちは、やっぱり
とてもとてもありがたいわね^^
2013年11月12日(Tue) 23:32
茜紫さま
編集
> 私もけんかしたな、大きいの。えっと……夏くらい。
なんだか,安心しちゃう。
わたしだけじゃないなーっていう・・・。

どれだけ心配してもマイペースなんだもん。
結局まかせて自分で見つけていくしかないと思うけど
静かに見守っていられなくて。
あれこれ言いたくなるのを随分押さえているつもりでも
ここは言わなきゃという時だってあるんだし
ずっと迷ってる感じです。

> でも、私も親にやった。
> こんな年にならないとわからなかったなんて、バカだなあ、って
> 思ったけど、でも、いいよ。
> 子どもがいたから、わかったことはたくさんあるもの。
そうそう。今頃?なんだけどサ。
気付いたとき親に「わかった」っていうことを伝えて「ごめん」も伝えて
昔話のひとつでもできたらいいのに。
くりかえしの恩をを少しでも返すことができたらいいのに。
わたしはもう返す親がいなくて一方通行のまま終わってしまったよ・・・。

子どもとのあれこれをやり過ごしながら
過去を振り返ってしまう。
そういう気持ちが強くなってきて。
どうしてかなぁ。
懐かしむというより,見つめ直してる。
やだなぁ。そうしたくなるお年頃なのかな。。。

2013年11月15日(Fri) 22:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL