FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPミル・キク ≫ 豊田市民芸館

豊田市民芸館

豊田市民芸館
愛知県豊田市・・・豊田市民芸館

東京駒場の日本民芸館を建て直す際に
一部を移築して建てられた民芸館だそうです。

この白と茶の落ち着いた佇まいがとても好き。

ここを訪ねたのは3年ぶりです。
ちょうどこのブログを始めたころ。
(そのときの記事はこちら

そのつもりがあるわけでもないのに,思うことは変わらないです。
河井寛次郎の陶芸をきっかけに,また行きたくなって。
瀬戸の次に出かけた秋のドライブ第二弾は
そのままわたしのなかの民芸ブームに乗っかって豊田まで。

豊田市民芸館
バーナード・リーチ展

開館30周年の特別展ということだったので
それはやっぱり見たい見たい。

土曜日でもひっそりしてるのも好き。
のんびり鑑賞できます。

豊田市民芸館

散策していても,飽きません。
出かけた先でいろんな場所の阿吽の像を見比べるのも
いつもついつい楽しみにしてしまうこと。

豊田市民芸館

お抹茶もいただきました。
休日だけ開いているお茶席です。
「晩秋」という名のお菓子は,すすきに赤とんぼ。

豊田市民芸館

タイミングよくお客はわたしひとりだったので
お茶の先生とお話を交わしたなかで
名前を教えてくださったお花は
「山帰来(サンキライ)」と言うそうです。

豊田市民芸館

遊歩道を歩いてみれば,まっ赤な秋まであとちょっと。
けれど,盛りの一歩手前も悪くない。
いつもの「14番目の月」理論です。

この奥にゲートボール場があったのです。
曇り空のなかでご夫婦ふたり
奥様が打つのをご主人があれこれアドバイスされながら
ずっと練習をされていて。
散策しながら見かけて,車で帰る頃にもまだ続いていました。

ご主人が民芸のうんちくを奥様に話しながら館をまわるご夫婦とか
犬を交代で散歩させている老夫婦とか
そんな姿も素敵だなぁと思ってしまった。

豊田市民芸館

この景色を見ると,桜のときに来たいなぁって。
この矢作川にかかる平戸橋あたりは釣りのポイントらしいので
いつかお弁当持って釣りがてらお花見なんてことが
実現するといいのにな。




ところでこの民芸館は,街中からはちょっと離れたところにあって。
ついたとたん,お財布の中身が空っぽだったことに気がついて。

そうだった・・・
二男クンとファミマへウォーズまん(キン肉マンのキャラの中華まん)を買いに行ったんです。
ウォーズまん

180円のを2つ買おうとしたらお金が入ってなくて(!)
1つしか買えなかった(キャー,ハズカシイ!!)
のをすっかり忘れてそのままでした。

来た道を戻っても,コンビニは遙か手前。
民芸館手前の交差点のどっちへ向かっても
一つ間違えると何にもなさそうな山間の道。

一か八かで選んだ川沿いの道を進んでみれば・・・
ありました!5分でミニストップが!
ここまで来て入館をあきらめざるを得ないピンチから
奇跡的に助かったぁ~~。

そしてそのたどり着いたミニストップには見覚えがあったんです。
紅葉で有名な豊田市足助町の香嵐渓へ続く道で
ライダーたちもよく休憩してるお店。

まったく別々に訪ねていた場所が
偶然つながった。

わたしのなかでは,ちょっとしたオドロキと感動だったから
何て言うか気分が上がっちゃって
どうでもいいこと書いてしまいました・・・
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL