FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPつれづれ ≫ 置いてきぼりの気分

置いてきぼりの気分

パン鯉 パン鯉

三連休は,あっという間に過ぎていってしまいますね。

遊び盛りの二男クンは
近くの川で鯉を
釣っては逃がし釣っては逃がし・・・

パートナーと一緒に
釣りがしたくてたまらなくて
昨日はランニングに出かけてしまった彼を
自転車で追いかけて
今までひとりでは行ったことなかったような所まで
ずいぶん遠く冒険してきたようですし。

そうかと思えば
お菓子と遊び道具を抱えて
学童のお友達と週末も集団で集まったり。

あと2ヶ月ちょっとになってしまった
小学生の生活を
存分に味わっているようです。

中学校の制服の試着にも出かけたのだけれど
学生服の上下を着た姿を見たら
なんか,さみしくなっちゃって。

おまけにおにいの出願の書類に
思いもかけず遠くの大学も入っていたことが
追い打ちをかけて。

子離れの春。
いつかはみんな通り過ぎていくことだろうけど
まだまだ先だと勝手に思ってた。
みんなが前に進んでいくのに
気持ちがうまく追いついていかないよ~~。
スポンサーサイト



Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年01月14日(Tue) 22:19
NoTitle
編集
それはショックだわ(+_+)わかるわ~~~~。
私だって、社会人になってしばらくしてから出て行くんだろうって勝手に思ってるのに、いきなり、ここ!? だったら、悲しい。考えてみたら、一生を通じて、母とともにある時間というのは、そのあとの人生のほうが長いんですものね。
それに気づいたとき、大ショックでしたよ。
母たちも、そんな思いで子育てしていたのかしら?
子どもがいない家なんて考えられないでしょ?
私もなの(T_T)
2014年01月15日(Wed) 00:47
鍵コメさま
編集
コメントありがとうございます。
そちらへは,ねこちゃんやお散歩できそうな場所など
楽しみにお訪ねしています。
こちらこそ,よろしくお願いいたします♪
2014年01月16日(Thu) 18:18
茜紫さま
編集
今までの普通の暮らしが
ひょっとしたらあと数日で普通じゃなくなるかも。
それがたとえ何年か先でも
覚悟なんてできないかもしれないけれど。
母はいつまでたっても子どもがかわいいんだよね。
今まで何となくだったそういう感覚が
リアルに迫ってくる感じです。

2014年01月16日(Thu) 22:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL