FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPつれづれ ≫ 親の心

親の心

節分
今年の恵方は「東北東」

節分の恵方巻き。
昨年から仕事仲間のご実家のお寿司屋さんに
お願いしています。
「いつもお世話になっています」と
大きな玉子焼きまでおまけでつけてくださって
かえって申し訳ないと思いながらも
親の愛を感じる甘い味は,それはそれはおいしくて。

太巻きも,昔ながらの具材のものがいいです。
1本丸ごとならよけいに。
みんなで同じ方角を向いて
恵方巻きを黙々と食べ続けている姿は
未だに慣れず不思議な気もするけれど
年に一度の恒例行事となりました。

わたしもひたすら
願う願う食べる食べる・・・

節分

明日から,暦の上では春。
我が家の子どもたちは,2人とも卒業の春です。
新しい場所でどんなことが待っているのでしょう。

わたしが描いた手作りの鬼のお面をかぶって
豆まきしながら飛び跳ねているところを見てると
今の姿も名残惜しくて。

どこにいても自分らしく笑っていられる。
そんな風に元気に過ごしてくれればいいかな。
いつまでたってもいくつになっても
親は子どものことを想って
願い続けるものなのでしょうね。
スポンサーサイト



Comment

編集
関東のほうにはない、この恵方巻きの風習。
私もしっかりのってますが、でも、ふつうに海苔巻きとして
食べちゃってる(^^ゞ
ひときれだけは、だまって食べようね、って言って。
二人同時の卒業はさびしさ二倍。
でも、春も二倍!
別れと出会いの春まで、あと少しの時間を精一杯
すごしてくれるといいね^^
2014年02月04日(Tue) 00:44
編集
3人の息子達が家を出てそれぞれの生活を始めてから、まる2年が過ぎようとしています。男の子ゆえ、連絡がないのは当たり前。たまに電話なんかこようもんなら、心臓が飛び出しそうになります。電話ってたいがいよからぬ事が多いのでね(笑)

でも、元気でそれぞれがんばっているならいいかなって思います。子どもはいつかは親の手を離れて行くもの。自分で生きて行く力をつけてやることが、親の使命なのではと思ったりしています。
2014年02月04日(Tue) 10:58
茜紫さま
編集
> 関東のほうにはない、この恵方巻きの風習。
名古屋もここ10年ぐらいじゃないかな。
この日にスーパーへ行くと
どこもかしこも恵方巻き。
具材もすっごくいろいろあって。
以前は売り切れを心配したりもしたけれど
今は,これでもか!というぐらいに積んであります。
お寿司屋さんにご縁ができて
予約して仕事帰りに寄ることに落ち着いて
ホッとしています。

> 二人同時の卒業はさびしさ二倍。
> でも、春も二倍!
> 別れと出会いの春まで、あと少しの時間を精一杯
> すごしてくれるといいね^^
二男クンは卒業式まで「あと○日」って
クラスでカウントダウンしているらしくて
それがもう30日あまりなんです。
高校はもっと早いでしょ。
直前になってみると
時間がびゅんびゅん過ぎていってる気がします。

「精一杯」
ほんとだね。
終わりよければ・・・で
いい気分で巣立ってほしいなぁ。
2014年02月05日(Wed) 18:05
まりんさま
編集
> 男の子ゆえ、連絡がないのは当たり前。たまに電話なんかこようもんなら、心臓が飛び出しそうになります。電話ってたいがいよからぬ事が多いのでね(笑)
便りがないのは元気な証拠。
何でもないときは,もう自分の世界で生きていくことに
夢中になっているのでしょうね。

> でも、元気でそれぞれがんばっているならいいかなって思います。子どもはいつかは親の手を離れて行くもの。自分で生きて行く力をつけてやることが、親の使命なのではと思ったりしています。
我が子のために,時期が来たら
あえて手を離してあげないといけないですね。
時の流れが速くて速くて
そのときが近づいてきていることが寂しくて。
今のうちにできることはないかとあせったり。
複雑な心境です。
2014年02月05日(Wed) 18:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL