FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPつれづれ ≫ 我が家の春

我が家の春

桃の花
桃の節句

長男クンの卒業のお祝いに
この季節の定番メニューのちらしずしを作りました。
家族みんなで囲む,うれしい食卓です。

桃の花に菜の花に
部屋中お花のいい香りがして
色とりどりの春爛漫。

おめでとうケーキ
名古屋市熱田区・・・カフェ・シブル

お祝いのケーキは久しぶりのカフェ・シブルで。
おめでとうの桜をつけてとお願いしたら
「ケーキのオーダーとお母さんの気持ちも了解しました」と返信が。
伝わるってうれしい。

こちらは北欧テイストのお店で
ムーミンやミィの手作りクッキーもあります。
長男クンは,細くて長くて飄々として
「竹」のようなイメージだと伝えたら
なるほど!スナフキン!!

このケーキは,カンチガイの卒業式のつもりだった
3月3日にお願いしていたのです。
卒業式当日にじゃーん!!・・・のはずだったのに・・・
まあね,どのみち当日の夜は長男クンはお友達と過ごしてたから
食べられなかったとは思うんだけどね。

そして,我が家にサクラ咲きました。
先週の京都は,長男クンの下宿を決めるために
出かけたのでした。
いろんな手続きでは,うっかりをしないようにしなくちゃ。
ポカポカ抜けてるのは十分すぎるほど身に染みてわかってるから
あ~~,緊張する。
スポンサーサイト



Comment

編集
おお!桜、咲いたのですね!!おめでとうございます。名古屋と京都はどれくらい離れてるのかしら?新幹線だと、1時間くらい?2時間くらい?北海道にいると距離間がわかりませぬ(^_^;)

離れちゃうのはさびしいけれど、一気に大人になる・・成長する期間ですから、見守るしかないですよね。
2014年03月05日(Wed) 11:15
編集
おめでとうございます!!!!!
もう、めいっぱいおめでとう!!!!
がんばったのねえ~えらいね(T_T)
cierrysageさんもえらい!!!
お仕事しながら、大変な想いをしながら、
ほんとうにすてきなお母さんです^^
うちはねえ、国立の発表を待っています。でも浪人っぽい~(^^ゞ
ま、しょうがないかって、思いつつ、卒業式まであと少し。
泣きそう~~泣くなあ~~。
最初の男の子は、いろんな思いが親にもありますね^^
2014年03月05日(Wed) 21:43
編集
サクラ咲きましたか!
おめでとうございます。
我が家も咲きましたよ。
これからアパート探しです。
それにしても・・・,
諭吉さんが・・・。
2014年03月08日(Sat) 15:22
まりんさま
編集
> おお!桜、咲いたのですね!!おめでとうございます。
ありがとうございます♪
> 名古屋と京都はどれくらい離れてるのかしら?新幹線だと、1時間くらい?2時間くらい?
意外と近くて,30分ぐらいなんですよ。
在来線だと2時間ぐらいらしいです。
> 離れちゃうのはさびしいけれど、一気に大人になる・・成長する期間ですから、見守るしかないですよね。
ごはんを一緒に食べられるのもあと何日?と考えたりすると,もう・・・。
ホッとしたら,さみしい気持ちがどんどん強くなってきちゃって
子離れが,なかなか難しそうです。。。
2014年03月09日(Sun) 22:27
茜紫さま
編集
> おめでとうございます!!!!!
> もう、めいっぱいおめでとう!!!!
ありがとうございます♪
親として何をしたらいいのか
迷ってばかりの日々でしたが
子どもは,「我が道を行く」でした。

> 最初の男の子は、いろんな思いが親にもありますね^^
大切に思うからこそ
あれやこれやと心配にもなり
でもその思いをうまく伝えられなかったりもして
「いい加減」がなかなか見つからなくて
後悔もいっぱいある。

初めての子育てって,ずっと迷い道。
親が迷っているあいだに
子どもはちゃんと成長してたんだなぁって
見てるようで見えてなかったのかなぁって
思うことはホントにいろいろ。

18歳の春って,大きな節目ですね。
2014年03月09日(Sun) 22:51
次席家老さま
編集
> サクラ咲きましたか!
> おめでとうございます。
ありがとうございます♪

> 我が家も咲きましたよ。
> これからアパート探しです。
わお!おめでとうございます。
体調を心配していました。
よかったです。

> それにしても・・・,
> 諭吉さんが・・・。
ほんとにね。
我が家は一人目なので
あれもなの?これもなの?と
目を丸くしています。
2014年03月09日(Sun) 22:56












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL