FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPつれづれ ≫ センチメンタル協奏曲

センチメンタル協奏曲

東山荘
東山荘

ひとり暮らしを始めた長男クンに
初の仕送りをしました。
離れて暮らしているのだなぁと実感します。

電話で,「もしもし」の声を聞くだけでも
舞い上がってしまうほどうれしくなります。
家族で大騒ぎして
大したことでもないのに入れ替わり
話をしたくて。

近くにいたときは
これほどまでに大切な存在だったなんて
いちいち気に留めないまま
日々流れてしまっていたのに
心配のあまりだったけど
言い合いもたくさんしたのに
離れたとたんこれです。

電話の向こうでどんなふうに感じてるんだか。
苦笑いでもしてるかな。

ご飯もお味噌汁も
今までの半量しか作らないのに余ってしまいます。

常備してた納豆もそんなに買わなくなったし。

焼きそばの麺は,3つで○○円で事足りて。

お洗濯は簡単になり,軽くなり。

夜遅い帰りを待つこともなくなって。

さすがにさみしくてうるっとくるところからは脱したけれど
何かにつけて変わっちゃったなと感じるのは
いつまで続くのでしょう。

暮らしの中のあっちを向いてもこっちを向いても
センチメンタルな心の糸に触れてしまう今日この頃。
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
もう4月も半ばですね。
関係ないけど、私の大切な友人のお子さん、小学生なんだけど、学校に行かなくなっちゃった。
私も自分の子が小学校だったとき、いろいろあったなあ、って思い出すけれど、その子たちもどの子も大きくなって、
こうやって、遠くで親を心配させるだけに大きくなって、きっとそれは、ひとつの命を無事に世に送り出せたということなんだろうな、ってしみじみします。
うちもなんだけどね、同じ年だから。
うちの上は、やっと最近、親から自立してきたように思えます。人より数年遅い(^_^;) 
2014年04月21日(Mon) 00:25
茜紫さま
編集
お友達のお子さん,心配ですね。
押しても引いてもどうにも情勢が動かないときってありますね。
渦中にいるあいだは,ご家族はなかなか心安まらないだろうし。
おおらかに構えて見守るっていうのは,できそうでできない。
大切な我が子だからよけいに。
出口を探してもがいて,がんじがらめになってしまいそうな気がします。

「まあいっか」

こう言える母になれたらと,いつも思うんだけどね。
我が家のバアイは,近くにいると小言を言いたくなるから
見えないところで勝手に心配してるぐらいでちょうどいいのかも。

2014年04月21日(Mon) 18:09












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL