FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPつれづれ ≫ お彼岸

お彼岸

彼岸花
彼岸花

いつも茶々を連れて散歩によく行く公園で
彼岸花を見かけました。

木々の葉はまだそんなに色づいているわけでもないけれど
葉が落ち始め
イチョウの木の下にはぎんなんが。

ゆっくり歩いていると
そんなひとつひとつが目に留まります。

今日は,秋分の日。

おはぎをお供えして
おじいちゃん,おばあちゃんの写真に手を合わせます。

お彼岸の習わしは日本だけなのでしょうか。
いつもは日々に流されて忘れてしまっているけれど
こんなふうに時節に合わせて
ふうっと亡くなった人を思い出すことができるのは
なんだかいいです。

そしていつも,親の立場から子どもに戻って
きっと困らせたこともたくさんあっただろうな
苦労かけただろうなと思いつつ
「ありがとう」の気持ちで一杯になります。
同じ親になってみて
やっとわかるんですね。
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
お彼岸、えら~い。私、お彼岸にちゃんとしたことがないわ、考えてみたら。
むかし、祖母がおはぎを作ってくれたような記憶があるけれど、
やばい(^_^;) バチがあたるかも(苦笑)
でも、昔の、もうこの世にいない、ちょっぴりだけご先祖さま(祖母とかね)のことを
思い出すきっかけになるのは、いいね。

私も彼岸花、土手に見つけて、やっと撮りにいきました。
私が写真撮ってたら、「あ、赤い花が咲いてるよ」って
小さい子たちが寄ってきて、ながめていました。
そういうのも、なんか、いいなあ、って思う^^

2014年09月25日(Thu) 01:00
茜紫さま
編集
おばあちゃんのおはぎ,あったような気がする。
そういうの,手づくりしてくれてたなぁと思い出しました。

新美南吉の生家がある愛知県の半田市に
「ごんぎつねの里」と言われるところがあるんです。
川沿いの堤防に彼岸花がびっしり咲いていて
童話の世界に入り込んだ気分になります。
お彼岸に合わせたように咲きますね。不思議なくらい。
2014年09月26日(Fri) 06:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL