FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPつれづれ ≫ 十三夜の月

十三夜の月

茶々
茶々・・・たまにはお顔をどーんっ

台風一過

澄み渡る空

十三夜の月がとてもきれいに輝く夜です。

満月に少しだけ足りていない月
十分な状態に向かっていく上り坂の感覚
あともう少しという期待
完全がすべてよいというわけでなく
これはこれで美しさがあると愛でてきた日本人の感性は
いいものだなぁと思います。

瀬戸内寂聴さんの「古典の女たち」という本を読んでいます。
それぞれの愛の物語の解説を読みながら
花鳥風月を織り交ぜて思いを歌を詠む,いにしえの習わしにも
あこがれてしまいます。

月を観ると
古典の女性たちも同じ月を見ていたのだろうかと
ぼんやりそんなことを思います。
スポンサーサイト



Comment

こんばんは☆
編集
今、丁度昇る月を見ながらchierrysageさんと同じような事を想っていました
「昔の人も月を眺めていたんだろうな」
月を見上げるときって、なんだか切ないような寂しいような気分になります
でも、そこに月がいてくれる事で心強く感じたり

秋の夜空は雲がなくて漆黒だから
輝く月は尚更 美しく見えますね


chierrysageさんの紡がれる言葉好きだな〜って思ったり
わたしの伝えようとする事を受け止めてくださってるな~って感じたり
いつもありがとうございます^^

言葉の美しさや大切さ
物の価値観
とても共感します

良い夜をお過ごしくださいね(^.^/)))
2014年10月07日(Tue) 18:00
あっさむさま
編集
秋の月って,どうしてこんなに見上げたくなるのでしょう。
今夜は月の満ち欠けを気にしいしいで
月食を楽しみました。

> chierrysageさんの紡がれる言葉好きだな〜って思ったり
> わたしの伝えようとする事を受け止めてくださってるな~って感じたり
> いつもありがとうございます^^
「言葉を紡ぐ」という表現もいいですよね。
日本語の美しさを,もっともっと知りたくなります。

> 言葉の美しさや大切さ
> 物の価値観
> とても共感します

あっさむさんのブログ,ファンなんです。
いつも楽しみにお訪ねしています。
暮らしを大切にしていらっしゃることが伝わってきて
大好きな京都の記事もあって
うれしい出会いだなあと思っています。
そんな方に「共感します」って言ってもらえると
うれしくなっちゃいます♪

2014年10月08日(Wed) 22:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL