FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPイヌ ≫ いぬのきもち

いぬのきもち

茶々
お散歩の秋

ひと月前の名古屋は,まだまだ蒸し暑かったのに
お彼岸を過ぎて,1年でいちばん過ごしやすい気候になりました。

茶々とのお散歩も,気がつくと1時間経っていたりします。
さわやかな空気の中で
ときどきキンモクセイがふわっと香ったりして
歩くのが気持ちいい。

2月生まれの茶々は,もうすぐ8ヶ月。
人で言ったら10歳を越えた辺りになりました。

わけのわからなかったやんちゃくちゃの幼少期は
さわらせてもくれなかったし
とにかく噛まれて噛まれて
一緒に暮らしていけるのだろうかと
悩んで落ち込みました。

けれど今では一緒にソファでくつろぐことができるように。
トレーナーさんとの訪問トレーニングでも
行動を抑制するとか
飼い主の指示を待つとか
やりたい放題だったころからずっとレベルアップして
柴ちゃんらしくおりこうさんになってきています。

その道のプロの方に頼って,ほんと正解でした。
犬のしつけも,いろいろな考え方があるみたいですが
信頼できる方と出会えたことで
初めて犬と暮らす不安だらけだったわたしの気持ちも落ち着いて
それが茶々にも伝わっているのかもしれないです。

物言わないわんちゃんだけに
もっと繊細なところで,いろいろ感じ取っているのでしょうね。
いぬの気持ちとか言葉とか聞いてみたいけど
わかっちゃうのも興ざめなのかもね。

連休最終日の今日は,台風が通り過ぎていきそうです。
大きな被害が出ませんように。
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
キンモクセイの香り、私も好きです♪
茶々ちゃんもchierrysageさんも気持ちよくお散歩できて何よりです^^
(1時間もお散歩してchierrysageさん、腰痛は大丈夫ですか??)

私は動物と暮らした経験がないので、犬や猫のいるお宅にお邪魔する時はとても緊張します。ご主人がいない時に隙を見て噛み付かれ、服が破れ、恐い思いをした経験があります。。
chierrysageさんのような誠心誠意向き合ってくれるご主人だからこそ茶々ちゃんにも気持ちがきちんと伝わってレベルアップしてくれているんだろうな♪と思いました^^
2014年10月13日(Mon) 14:31
No title
編集
前にも言ったかもなんですが、私は犬を飼ったことがないので、
なかなか犬のことはわからないのですが、
今でも忘れられないのは、私が中学生だったとき。
友達が犬を飼いはじめたんですが、その犬がめちゃめちゃだったの。
でも、飼い主もめちゃめちゃで、まったくしつけないで(外飼いだった)、
大丈夫なの?って、中学生の私が見ても、それは犬のためにならないんじゃ、って
思ったほど。
そうしたら、大きくなって、手をやいて、たぶん、かんだりもしたんだと思う。
怒鳴るだけ怒鳴って、たたいておこったりしてたけど、
ある日とうとう、いなくなってしまった。
どうしたの? って遊びに行った私が聞くと。
保健所にやっちゃった。って彼女は言ったの。
もう大ショックで。ちゃんとしつけてなかったのは、あなたたちでしょ、って思ったけど。今でも忘れられません。
cierrysageさんのようにしてあげていたら、ってやっぱり、ここにきて、いろいろを
読むたびに思います。
茶々はとっても幸せです^^
2014年10月14日(Tue) 11:41
No title
編集
茶々ちゃん、ずいぶん落ちついたねえ。おかーさんの気持ちが少しずつ伝わっていってるんだね。うちのえるも、一時期の荒れ模様からだいぶ落ち着いてきたのだけど、ソファにいる時やくつろいでいる時だけは今も触らせてくれません。他は大丈夫なんだけど・・・・。いろいろ悩みながらの子育て?は延々と続きそうです。信頼できるトレーナーさんがいると、家族みんな安心できるよね。いいなあ(^^♪
2014年10月16日(Thu) 19:52
チリさま
編集
> キンモクセイの香り、私も好きです♪
ふわっとあまくて,いいですよね。

> (1時間もお散歩してchierrysageさん、腰痛は大丈夫ですか??)
そうでした。腰に意識が向かないくらい
普通の状態にいつの間にか戻ったみたいです。
ご心配いただき,ありがとうございます。

> 私は動物と暮らした経験がないので、犬や猫のいるお宅にお邪魔する時はとても緊張します。
わたしもそうだったんです。
どちらかといえば苦手でした。
茶々を飼い始めた初めの頃は
そんな緊張が茶々に伝わって懐いてくれないのでは・・・
わたしの接し方が間違っているのかも・・・と
ずいぶん悩みました。

> ご主人がいない時に隙を見て噛み付かれ、服が破れ、恐い思いをした経験があります。。
それは大変な思いをされましたね。

茶々も以前に比べたら落ち着いたけど
気分次第でまだまだ噛まれたり
それこそ服が破れたり穴が開いたりもしています。
ワンちゃんてこんなものかなと
大騒ぎしないで知らんぷりしたほうがいいと教えてもらって
やってはみているものの
痛いモノは痛い。
ましてや,よそのお宅のワンちゃんなら
やっぱり怖いですよね。
わたしも気をつけなくちゃ。
2014年10月16日(Thu) 20:36
茜紫さま
編集
茶々と暮らし始めて5ヶ月余り。
やっとここまできたという感じです。

正直,飼い始めた頃は
思い描いていた犬との暮らしと現実とのあまりの差に
ワンちゃんライフを始めたことを後悔したこともあったんです。
犬のことをちゃんと理解していなかったし
覚悟も甘かったなと思います。

茶々は確かにやんちゃ姫だし
ひとに甘えることもしないし
べたべたな関係づくりは難しいけど
「仲良くやっていこうよ」というテレパシーをずっと送り続けて
「いつかきっと」と思いつつ,教えてもらっているしつけを続けていたら
ほんとに落ち着いてきたんです。

犬には飼い主しかいないんだもんね。
お互いに幸せな思いを共有できるように,もっといろいろ知りたいなと思う。
犬のため?自分のため?両方なんです。
2014年10月16日(Thu) 20:59
まりんさま
編集
> いろいろ悩みながらの子育て?は延々と続きそうです。
ほんと,次から次から
新しい悩み事がでてきますよね。
この頃ふっと,人との関わりや子育てのなかで
「これって,犬と通じるとこあるわぁ」と思えたりすることも。

> 信頼できるトレーナーさんがいると、家族みんな安心できるよね。いいなあ(^^♪
はい。大きな出会いでした。
本を読んでもしつけについて書いてあることいろいろですよね。
だけど,我が家に来てくださるトレーナーさんの方針を信じてやっていこうと思っているので
ブレないというか,余計に悩まないというか・・・。
自分が犬についての知識も経験も真っ白で無知だったから,ほんとよかったです。

ワンちゃんにもいろいろ個性がありますよね。
えるちゃんはどんな子なんだろな。
会ってみたくなります。
2014年10月16日(Thu) 21:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL