FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPつれづれ ≫ 「まあいっか」ができなくて

「まあいっか」ができなくて

茶々・鶴舞公園
茶々・・・駆けておいで

心も日差しもぽっかぽかのお正月が過ぎていき
おにいの帰省から1週間もたった頃には
そろそろいろいろと起こってきます。

茶々はせっかくあったか仕様にしたソファの毛布を
噛みちぎって中綿を食べ。
二男クンは,あいかわらずお風呂で爆睡
呼んでも呼んでも出てこない。
長男クンは,家にいる間に行くと言っていた
運転免許の学科試験を「やっぱやめるわ」

ひえ~~。
春は人が多すぎとかで試験場に出掛けたのに帰ってきたし
夏は受けずに秋も過ぎ
あと1ヶ月もしないうちに
教習所卒業から1年が過ぎてしまいます。
運転免許の試験は平日しか受けられないし
大学は試験の時期だし
学科試験を受けに名古屋にまた来るって
何をのんきに言ってるんだか。

おまけに,免許の試験は受けに来るくせに
成人式は来ないって。
友達には帰るたびに会ってるし
3連休の最終日でおそくまでいられるわけでもないし
わざわざ帰るほどの式でもないでしょって。

いやいやそういうものではないでしょ。
それは自分のことしか考えてないでしょ。
わかってもらえないかなぁ。

茶々・鶴舞公園

何だかんだ言っても,もしかしたら・・・
前日も,当日の朝も待っていました。
それはどうしようもない母心。
それでもやっぱり音沙汰なし。

外へ出て同級生の子たちの晴れ姿を見ると悲しくなってしまいそうで
式の時間の間中ずっと,一心不乱に小さな庭を整えていました。
茂りすぎたものも枯れていたものも
みんな潔くきれいさっぱり。
自然の生命力で,自分の力で,またどんどん大きくなるんだよって
庭に話しかけているんだか,おにいに願っているんだか。

午後は昼風呂。
もう,疲れ切っちゃって。全身土まみれだし。
ずっと動かし続けていた手には,無数の細かい傷がいっぱい。
入り込んだ細かい土もとれやしない。

ぢっと手を見る。

わたしは何のために生きてきたのかなぁ。
必死に積み重ねてきた日々は,何だったんだろうなぁ。
一方通行で伝わらない思いに,やたら気持ちが落ち込みます。
おめでたい日だというのに。

「まあいっか」と思えるわたしになりたい。
スポンサーサイト



Comment

こんばんは
編集
報われない母心ですね(T . T)切ないな〜

でも、わたしも親に対して好き勝手やってるので
この歳になっても!
親子は少し距離がある風がうまく気持ちの区切りが出来るのかも
決して何も積み重ねてないなんてないですよ
親の愛は一方通行なのだと思います^^;

美味しいもの食べて、よく眠って元気出されてくださいね^ ^

でも、色々あるから人生ですよね
晴れも雨降りもあって
一体何を目指して、何処へ向かっているんでしょう?
フッとそんな事 思います

どうぞ今年もヨロシクお願いします^ ^
2016年01月12日(Tue) 17:17
まりん
編集
そうだね~、せつないね。

若い男性の知り合いがいまして。その人が言ってたんだけど、同じように成人式に出なかったんだって。20歳の頃は仕事をしてたそうなんだけど、シフトを代わってあげるって言ってくれた上司の言葉を断り、親の勧めも断り、本人曰く「すごい長い反抗期の真っただ中」だったそうで、おにいちゃんと同じ。友達には普段でも会えるからいかないって、結局欠席。

でも親になった今、なんてことをしたんだって反省してるってよ。20歳のけじめとして、成人式に出席して親に感謝すればよかったって。自分の息子が20歳の時は親と同じように思うし言うだろうって。

まっすぐ上る階段もあれば、らせん階段もあるし、迷路のような階段もあるし。おにいちゃんもいずれ親の思いに気づく時がくるよ。その時にがっつり言ってやれ(笑)
2016年01月13日(Wed) 14:27
あっさむさま
編集
お忙しくてお疲れのときだというのに
コメント,ありがとうございます。
ほんとにほんとにありがとう。

考えてみれば,わたしも
自分をまん中に考えて親のことを顧みずなんてこと
あったなぁ・・・って思い返しています。

> 親の愛は一方通行なのだと思います^^;
子どもはいつまでも
手がかかる,手をかけたくてたまらなくなる存在ですね。
親子のほどよい距離,なかなかムズカシイときもあるけれど
ときには泣きたい思いになることもあるけれど
なにがあっても,つかず離れずで見守っていけたらなあと思います。

> 美味しいもの食べて、よく眠って元気出されてくださいね^ ^
こんなとき,あっさむさんのお店がそばにあったらな。。。
2016年01月13日(Wed) 20:39
まりんさま
編集
もう何て言ったらいいのか
切なくて悲しくてたまらなかったけど
それでも,二十歳にもなって言い出したら聞かないよなぁと思って
無理強いはしませんでした。

いつか伝わるよね。
伝わる人であってほしいな。
そんなことやらかしたよねって思い出話ができる日を信じて待つとしますか。
長い道のり,おばあちゃんになっちゃうな。。。
2016年01月13日(Wed) 20:53
編集
切ない気持ちが伝わってきて、キュンっとなりました。
気持ちが伝わらないって、辛いよね。
私もそんな事思った事、あったなあって。

でも、振り返ると私も成人式の時は親の気持ちを考えたりしてなかった。
振り袖姿の記念写真があるけど、どんな気持ちで写っていたのか全く覚えてないの。
20歳の頃、自分の事で精一杯だった気がするの。
成人式は節目の大切な日ではあるけれど、ふっと・・・お兄ちゃんもchierrysageさんの気持ちに気づく瞬間がこれから訪れるのだと思いますよ。
私は、自分もそんなふうに思えた時「自分も大人になったなぁ」って感じました。かなり遅かったけど^^;
母親は、それまでは「忍」ですね。
でも、絶対訪れるから!
元気出してね!
2016年01月13日(Wed) 23:33
すいかたべさま
編集
おにいが本当に大人になって,振り返って親の気持ちがわかるときがくるまで「忍」
そうですね,自然の流れにまかせて,当分触れずに封印しておきます。

わたしの中でしばらく,思っていた以上にキュンキュンから抜け出せなくて
コメントで励ましていただいたりして
1週間経ってようやく気持ちがいつも通りに戻ってきました。
ありがとうございます。
2016年01月17日(Sun) 18:05












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL