FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPミセ ≫ 一朶(ICHIDA)

一朶(ICHIDA)

先週,映画「あん」を観てから
おいしい和菓子が食べたい♪となりまして。
だって,あんを煮詰めるところが本当に丁寧な仕事ぶりで
どんな味なんだろうって想像してたら,もうたまらない。

雑誌でたまたま目に付いた新しいお店を訪ねてみました。

一朶

車で細い路地に入って,きょろきょろ探します。
へ?ここ?
見たところは,どこかの会社の倉庫みたいなんです。

一朶

倉庫の横を奥に進めば
突き当たりに,ほんの小さな和のお庭。
振り返ってやっとお店の入り口です。
これは,行き方を知らないと
たどり着かないわぁ。

一朶
名古屋市南区・・・一朶(ICHIDA)

縫製をしている商店の片隅に店舗が併設されているんだそうです。
だから,店内もこじんまり。

以前記事に書いた,我が家の近くにある「花桔梗」というお店の方が
暮らしにとけ込む日々の菓子づくりをコンセプトに
新しく開いたお店なんだとか。
(「花桔梗」の記事は→こちら

一朶 一朶

お花のしつらえも,さりげなく清楚で
和菓子の目指すものと合っているなぁと感じます。

一朶

一朶といえばまずは豆餅と,お店の方が言われたので
いただきました。

日々の菓子といえど,花桔梗の流れからか
やっぱり上品な味わい。
お餅はふんわりやわらかく
豆そのものの素材の味と,そしてあん!
1週間待ちこがれただけあって,大満足のあんでした。
豆餅といえば,京都の「出町ふたば」を思い出しますが
わたしは一朶の豆餅のほうが好みかな。

和菓子大好き。
季節の生菓子も,「日本のものづくり」のひとつですね。
小さな菓子の中に,繊細な表現がなされていて
そのシンプルな美しさを感じるのは
日本人ならではの感性です。
もっと,日頃からそういうの触れていたいなぁ。
お茶をまた習いに行きたくなってきました。
(ただお菓子とお抹茶をいただきたいだけだったりして・・・)
スポンサーサイト



Comment

編集
はじめまして。先日から楽しみに読ませていただいてます。
あまり名古屋方面は行ったことないので新鮮です。
茶々くんもかわいいです。小次郎を思い出します。
2016年02月21日(Sun) 08:59
ひこうきぐもさま
編集
はじめまして。
コメントありがとうございます。
新しいご縁がうれしいです。

初めて犬と暮らす生活をはじめて2年が過ぎ
どこの柴ちゃんもみんなかわいらしく思えます。
小次郎さんの写真に目が留まり
ブログにおじゃまさせていただきました。
小次郎さんが健気にこちら側を見つめているプロフィールのお写真が
優しげな雰囲気で素敵だなぁと思って。
今でも待ち受けにしていらっしゃいますか?
わたしはまだわんことお別れした経験はないけれど
忘れられない大切な存在になるだろうなぁと思えます。
2016年02月22日(Mon) 23:26












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL