FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPイヌ ≫ あなただけが全てです

あなただけが全てです

茶々・2016夏
昼間から,ふたりでごろごろ

お仕事はぼちぼちペースのおかあさん
3度のメシにつられてまだいる大きいおにいちゃん
部活がなくなった小さいおにいちゃん

そして茶々姫

子どもの夏休み期間に,こんなに長いこと
みんな揃って家にいるなんてことは
今までなかったかも。

ひとりぼっちのお留守番がなくなって
茶々には毎日がお祭り騒ぎです。

おにいちゃん2人に,かわるがわる「高い高い」をされたかと思えば
散歩に出れば,「肩乗せチャチャチャ」だの「おんぶチャチャチャ」だの
わたしには思いつかないいじられっぷり。
家族とずっと一緒で,うれしい・・・といいな。

今回のわたしの入院では,茶々のお世話をどうすればいいか
ずいぶん心配しました。
頼みの綱の二男クンが,入院後すぐ太ももの肉離れをやっちゃって
お散歩もままならずの事態だったので。

びびりで神経質な茶々にとって
長期間のホテルも,犬のデイケアも難しそうなんです。
以前慣らしで預けてみたときも,プロのトレーナーさんから
「見ず知らずの他犬と一緒にいることは,この子にはストレス」と
言われてしまいました。
お散歩中,初めて会った子に噛まれて以来気難しくなり
警戒からか知らない子と仲よくできなくなってしまって。
なんとかしてあげたいけど
「柴にはありがち」と聞くと,難しいのかも。
思いこんだら頑固だからね,きっと。

それでも,災害が起きたら・・・
もし何かの事情で茶々が取り残されるようなことになったら・・・
心配は尽きないです。
「わたしにとって,飼い主のあなただけが全てです」という犬の十戒が
頭にあるので,何とかしてあげなきゃと思います。
だから今回も,即救急車という選択はありませんでした。
やけど直後の1週間は,通院しながら
ガーゼだらけの悲惨な格好で,茶々のお散歩は毎日続けていたんです。
今にして思えば,ちょっとがんばりすぎちゃったけど。

入院中も気になって,会いたくて。
二男クンには携帯を持たせていないのですが
長男クンが来てくれてからはLINEのビデオ通話で
茶々の姿に安心したり。

そして,病院の長い夜には,「ドコノコ」に癒されました。(→くわしくはコチラ
糸井重里サンが始められたInstagramの犬猫版のようなアプリですが
7月末からは,AppleだけじゃなくAndroid版も始まりました。
みんなが写真を投稿する「ひろば」のところで
「茶々」で検索すると,ウチノコもいますよー。
わんにゃん好きな方,一緒にどうですか?
見るだけでも楽しいです。
ドコノコもかわいくなって,スマホを手に取る度にのぞいてしまいます。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL