FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPタビ ≫ 秋の京都2016

秋の京都2016

先週からずっと,いつ行こうかと先延ばしにしていた京都。
体調がしばらくすぐれず,金曜日に早退までした二男クンが
検査の結果インフルエンザではなかったことと
食欲もあってわりと元気そうなので,とりあえずホッ。
「土日はどうせ1日中塾通いだから,行っておいでよ」の声に背中を押されて
月を見ながら,始発でGO!

京都2016秋

京都駅に着いたのは朝7時前。
土曜日は,青空広がる快晴でした。

京都2016秋 京都2016秋

目的地のひとつ前のバス停で降りて
大好きな場所になった白川沿いのお散歩。
川と家が近いのなんのって。

京都2016秋

歩いて向かった先は
春に和義サンのライブで行ったロームシアター京都
2階のレストラン「京都モダンテラス」です。

雑誌「Casa」で紹介されてた「朝ごはん」を食べたくて。
この雑誌,通ってる病院で
電気や牽引してるときまで京都特集を熟読してて
笑われました。

高い天井にソファ席。
雰囲気バツグン。

京都2016秋

岡崎公園を眺めながらのテラス席も。
朝の空気は気持ちいいし,日差しが暖かいし
わたしはこっち。
1時間居たけれど,ずっとひとりじめ状態でした。

朝露にしめっている椅子を
店員さんが懸命に拭いてくれて
ぬれないようにブランケットまで持ってきてくれて
いたれりつくせりです。

京都2016秋 京都2016秋

ブレックファーストおいしい!
吉田工房というところの「九条ネギのエピ」めちゃおいしい!
外はカリカリ,中はもちもち,大げさでも何でもなく。

目の前は朝靄(もや)の東山。
静かに流れる心地いい音楽。
観光繁盛期ですが,人も少ない。

早起きバンザイ♪

京都2016秋 京都2016秋

ずっと居たくなるくらい快適な朝ごはんだったけど
そろそろ開館時間だし,行きますか。
京都市美術館の「若冲生誕300年記念 伊藤若冲展.」
12月4日までだったから
紅葉と天気と仕事と二男クンと
あれこれ考えた挙げ句のこの日でした。

京都2016秋 京都2016秋

若冲の作品がそれほど多いわけでもなかったので
さらっとまわって出てみたら
岡崎公園でおやつやコーヒーのマルシェやってる!

いつか行きたいと思ってたコーヒーのお店「Dongree」も出店されててラッキー。
そしてやけに公園に柴連れが多いと思ったら
「ここ柴」さんという柴犬グッズを手づくりされているお店もあって。
犬を通じて初対面でもおしゃべりの輪が広がるから不思議です。
飼い主サンに聞いてからわんこにカメラを向けたら
ちゃんと振り向いてくれました。カワイイ!
朝からずっと楽しいことつづき。

京都2016秋

朝ごはんとマルシェで大満足なんだけど
京都まできたからには,どこか行かなきゃ。
秋の特別公開がされているすぐそばの聖護院門跡で
金碧障壁画、本尊、書院を見てきました。

京都2016秋

さらに北白川に足を伸ばして
週末だけ公開されている「駒井家住宅」へ。
いままでなかなかタイミングが合わず
やっと見られました。

昭和初期の洋館って
神戸や横浜もそうですが
その独特の雰囲気にあこがれます。

京都2016秋 京都2016秋

キラキラしていないシックな感じが好き。

京都2016秋 京都2016秋

2階のサンルームでは,案内の方にすすめられて
ロッキングチェアでしばしゆらゆら。

京都2016秋

五山送り火の「大文字」がくっきりと見えます。
ここに住まわれていたご夫妻も
ここからいつも眺めていらっしゃったんですね。

京都2016秋 京都2016秋

これだけ過ごして,まだ午後1時。
お昼は京都造形大学近くの洋食屋さん「えくぼ食堂」で。
あまりに素朴な外観で「え,ここ?」と
ドアを開けるのをためらってしまうほど。
開けたらお客さん誰もいなかったし。
無口でとっつきにくそうなシェフだったし。

でも安いし,味も確かみたいです。
メインがおいしいのは言わずもがな
サラダも手抜きなしだったし
白いご飯がちゃんとおいしいお店でした。

京都2016秋

さて,食後は紅葉もいっとかなきゃ。
哲学の道あたりまで来ると
さすがの人だかり。

京都2016秋

人混みなんぞお構いなしで
水辺のカモは悠々と。
ホント暖かくて好天です。

京都2016秋

ちょっと盛りは過ぎた感はありますが
紅葉の永観堂へ。
東山界隈は半年前にも来たばかりですが
ゴールデンウイークには青紅葉だったのが
どんなふうに変わるのか見てみたくて。

京都2016秋

来てはみたものの
あまりの人の多さに興ざめをして
門をくぐっただけでやめちゃいました。

午後になってすこし陽もかげってきて
朝から楽しいことでおなかいっぱいな感じもしてて
そこへ二男クンから
「熱があがってきた」の電話も。

ちょうど頃合いだと思って京都駅に向かいましたが
土曜の午後はすごい人・人・人。

やっぱりどこにいても
朝陽の時間がいちばんいい気分みたい。
ライトアップにもあまり惹かれなくて
自然な光が映す景色がわたしは大好きです。
スポンサーサイト



Comment

編集
とってもいい旅されましたね。読みながら、うんそこそこ、いいよねー、あら、ここも行ったのねーとすごく共感しながら読みました。まだ聖護院だけは行ったことないです。次回に。
でもすごい人だったでしょう?若冲展行きたかったけどもパスしました。

次男くんお大事に。
2016年12月01日(Thu) 10:35
ひこうきぐもさま
編集
聖護院は,二男クンが小学校の修学旅行で宿泊をしたんです。
風情ある場所での宿泊の価値は,小学生には伝わらないかもしれませんね。
今回の京都は寺社巡りは二の次になりましたが
あの人混みに入るよりも
朝の岡崎公園の心地よさで,充分満足でした。

二男クンは,テストが終わってすっかり元気になりました。知恵熱?
2016年12月02日(Fri) 23:45
編集
まあ、奇遇。
私もほぼ同じ時期に京都に行きました。京都に着いたのは11月27日の午後、この日は承天閣美術館と京都市美術館で若冲展を見て、翌日の夕方永観堂に行きました(近日中にアップする予定)。
紅葉の時季の京都は初めて。今年は異常に紅葉が早く、半ば散ってましたが、それでもよかったです。
名古屋は京都に近いので、いいですね。
2016年12月03日(Sat) 01:18
あっけままさま
編集
ほんと,同じですね。
若冲展は,東京都美術館が素敵すぎました。
京都はちょっと物足りない感じもしましたが,百犬図にも再会できたことですし,やっぱり惹かれます。

あっけままさんの若冲展の記事も読ませていただきました。
京都市美術館は,土曜の朝イチでも15分ほどの待ちでした。
チケットも前もって手に入れておいたのですが,あっさり入ることができて拍子抜けするぐらい。
会期はもう終わるけれど,まだまだ生誕300年のイベントが続きますね。
夕方の永観堂は,いかがでしたか?
わたしは中に入らず,高いところからの眺めもまあいいやとやめてしまったので
記事を楽しみにしています。
2016年12月03日(Sat) 21:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL