FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPミル・キク ≫ 長沢芦雪展

長沢芦雪展

長沢芦雪展
長沢芦雪展・・・愛知県美術館

日本画ブームにすっかりはまり込み
展示があると聞けば
いそいそと出かけるようになっているわたし。

きっかけは数年前の円山応挙展。
昨年は東京都美術館の伊藤若冲。
今回は,応挙門下の長沢芦雪です。

にわかファンのわたしは,全く詳しいわけではないのだけれど
和歌山県にある無量寺の方丈が再現された
「虎図襖」と「龍図襖」の向かい合わせの展示は,圧巻でした。

そして,丸っこい子犬ちゃんたちの掛け軸のかわいらしいこと。

10月6日に始まったばかりなので
連休とはいっても,そんなに人手が多いわけでもなく。
じっくりゆっくり鑑賞することができました。

いつかいつか
和歌山の先っぽの無量寺と
応挙寺と呼ばれる,兵庫県の大乗寺に
行ってみたいです。
ますます思いが強くなりました。
スポンサーサイト



Comment

私も行きたい
編集
芦雪展、いいですね。「虎図襖」を見たいと、ずっと思ってました。
芦雪展は名古屋で、無量寺は和歌山、行けないのが残念です。
いつか、東京に来ないかな。
2017年10月28日(Sat) 16:32
あっけままさま
編集
芦雪展は,愛知県美術館の開館25周年記念の催しのようで
名古屋にしては珍しく,全国に先駆けての展示だったようです。
無量寺の方丈の空間が再現されていて
高さも立って展示を見る目線を,寺の畳に座って見る目線に合わせて作ってあるそうです。
人も少ない午後で,右に龍,左に虎が迫りくる豪快な感覚を
まん中でしばらくひとりで楽しむことができました。
なんて贅沢な!
2017年10月29日(Sun) 00:31












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL