FC2ブログ

つれづれのおと

日々是好日を思いつつ,心にとまったことを綴ります。
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOPミセ ≫ 文化のみち散歩

文化のみち散歩

名古屋で布地が必要になったときは
「大塚屋」という品ぞろえ豊富なビルに行きます。
わたしは,カーテンやカバー類の家のファブリックは
手づくりしたい派なので
引っ越しをするたびによく出かけていました。

今回は,仕事で使う布を探しに
ついでにキッチンのカフェカーテンも変えようと思って
久しぶりに行ってきました。
以前はずらりと道路に駐車場待ちの列が長くできていたのですが
そういえば,数年前から立駐になったのでした。
初めてのスムーズな入庫。ほんとに久しぶり。

わたしの母は,その昔,洋裁学校で教えていて
お友達の服とかを,いつもオーダーメイドで作っていたんです。
わたしが生まれ育ったところは「繊維の街」と言われていて
機織りを生業にしていたご家庭も多く
ボタンやさんや布地やさんまで母についていくのが
小さい頃のお楽しみでした。

そんなわたしが,大塚屋さんに出かけたりしたら
3時間ぐらい,あっという間に過ぎてしまいます。
コーディネートや必要な布の量を考え始めたら
止まらなくなっちゃう。

その大塚屋さんは,名古屋の東区というところにあって
このあたりは,お寺や古い街並みが残る「文化のみち」とも
呼ばれています。

今回は,ほんのはしっこだけですが
ついでにお散歩してきました。

建中寺
名古屋市東区・・・建中寺「総門」

尾張藩徳川家ゆかりのお寺です。

建中寺
三門

重々しい扉には,葵の御紋。

建中寺

門の外には,近くの町内の山車が出ていました。
来週の名古屋まつりで「山車揃え」があるようなので
はっぴを着た地元の方たちが準備をされていたみたいです。

岩正 手打ちうどん店
筒井町商店街・・・岩正 手打ちうどん店

味噌煮込みがおいしいというお店だそうですが
わたしは,名古屋めし「味噌カツ丼」
食べなれた甘い赤みその,わたしたちにとってはあたりまえの味ですが
外からの人には,どうにもあたりまえじゃないみたい。
それぐらいこてこての下町の味。
お値段も庶民的な600円也。

筒井 松月 筒井 松月
筒井町商店街・・・筒井松月

おみやげはお向かいの和菓子屋さんで。
白と抹茶のやわらかいお餅にこしあんがついた「あやめだんご」
つぶあんの「おはぎ」
あんの甘みが,このお店独特な感じがして,どっちもおいしいよー。

おいしいものに出会ったら
散歩の満足度は,かなりUP。
今度は,すぐ近くのお店の「きしめん」も食べたい!
昭和の商店街,楽しいです!!

昼間で胃袋はかなり満たされたはずなのに
夜には,小学校学童時代のママ友が集まって女子会も。
自宅からほど近い創作和食のお店で
秋の味覚をいただいてきました。

かしこ(Kasiko)
名古屋市瑞穂区・・・かしこ(Kasiko)
さんまの梅煮

かしこ(Kasiko)
お造りとかぼちゃとレンコンのサラダ

かしこ(Kasiko)
マイタケの天ぷらにぎんなんを添えて

かしこ(Kasiko)
お肉にナスのめんたいこ和えを添えて

かしこ(Kasiko)
鯛とキノコのごはん

もう1回食べたーい。
7時から1時間半の飲み放題だったのに
お開きはシンデレラタイム。
しゃべくりな5時間でした。
マラソンに向けてランニングをしてたり
山登りを始めたり
共働きの学童ママは,けっこう元気でパワフル。
茶々とまったりしてるわたしも
そろそろヨガでもはじめますか。。。
スポンサーサイト



Comment

泪が出る~
編集
こんばんは~

大塚屋・・小さい頃から母に連れられて行っていた 小さな店だった。

洋裁学校時代何度も通いましたよ 建中寺・・ハイ徳川のお寺です

よく遊んだ場所です 兄はここの修行生と同級だった記憶が・・・。


筒井町商店街 私の庭でした~ 何でも揃っていて私を育ててくれた

人にお小遣いで下駄を買ったらすごく喜んでくれたましたよ。


松月、まだやってるのですね・・饅頭の大皿・・相当古いんですよ。

あぁ~懐かしい~ 涙が出ちゃう~ 私の原点です

私の今、実家は別の区ですが 実家は商店街から離れた静かな

住宅地でした 建中寺は幼稚園があります( 皆誰もがこの幼稚園 )

なぜか私は 遠いバスで通う幼稚園へ( 大人の都合で )

あぁ~ 懐かしい~ ありがとうございました。
2017年10月19日(Thu) 23:29
プチ・クレソンさま
編集
あのあたり,なじみの深い場所だったのですね。
うどんの岩正の店員さんは
次々と絶え間なく来るお客さんに
「相席お願いしますね」
「寒くなーい?」
「お茶のおかわりいかが?」
こんな感じで,気さくに声を掛けていて
お店の中の空気は,人情溢れる,まさに昭和の商店街そのもの。
いいところですね。
2017年10月21日(Sat) 21:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL